第3話

3
95
2021/02/24 09:51





久しぶりに2人で彼の家に帰る





前までは手を繋いで身を寄せ合って歩いていた





だけど、今はそんなふうに出来なくて





胸が締め付けられた





こんなに近くにいるのに





とても遠くにいる気がした





晴人
晴人
あなた?
晴人
晴人
まだ怖いよね?大丈夫?
(なまえ)
あなた
う、うん、大丈夫





もう大丈夫





彼が隣にいれば





私はそれだけで大丈夫なのに





晴人
晴人
じゃあ財布取ってくるから待ってて





そう言って、私を玄関のすぐそこにある椅子に座らせて





彼はリビングに歩いていった


















































晴人
晴人
ごめん!おまたせ!





懐かしい





彼はYouTuberとしての活動、アーティストとしての活動、両方してるため忙しくて





いつもデートをするとき





少し遅れて待ち合わせ場所に来る





その時と何も変わらない声で





変わったのは私たちの関係だけ





晴人
晴人
ごめん
(なまえ)
あなた
え?
晴人
晴人
ちゃんと考えるべきだった
晴人
晴人
俺といるのとか嫌よな
晴人
晴人
気をつけて帰って
晴人
晴人
じゃあ、、、





彼が玄関の鍵を開けようとした時





私は気づけば彼の服の袖を握っていた





(なまえ)
あなた
ごめんなんて言わないでよ
(なまえ)
あなた
そんなこと言うなら離れないでほしかった
(なまえ)
あなた
理由も言わずに別れようなんておかしいよ
(なまえ)
あなた
ずっと辛かったの
(なまえ)
あなた
はるがいないと私、、、
晴人
晴人
ごめん
晴人
晴人
でも理由は言えないんだ
晴人
晴人
俺らは別れるしかないんだ
晴人
晴人
ほんと、ごめん
(なまえ)
あなた
そうだよね、ごめん
(なまえ)
あなた
私帰るね
晴人
晴人
うん、気をつけて










ガチャ…










(なまえ)
あなた
はる、誕生日おめでとう。





どんな形でも届かない





"おめでとう"





どうするのが正解だったのか





なんで出会ってしまったのか





考えてもわからなかった




































































































達也
達也
おい、はる
晴人
晴人
なに?
達也
達也
これ見ろよ





そこには俺とあなたの後ろ姿があった





晴人
晴人
なんだよこれ、、、
晴人
晴人
盗撮?
達也
達也
撮られちゃったな
太我
太我
おい!はるっ!
達也
達也
お前のとこにも来た?
太我
太我
達也くんのとこにも?
晴人
晴人
誰がこんなこと、、、
達也
達也
別に俺らはアイドルじゃないし、恋愛するのは自由だと思う
達也
達也
だけどそう簡単には行かないよな
晴人
晴人
どうしよう?
太我
太我
動画で説明すれば!?
太我
太我
彼女いまーすって言っちゃえば!ね?
達也
達也
いや、それはダメだな
達也
達也
この写真は後ろ姿だけだからまだいいかもしれんが、顔の写真を流される可能性がある
達也
達也
あなたちゃんの方に迷惑がかかる事は、はるが1番嫌だろ?
晴人
晴人
そうだね、、、
太我
太我
じゃあどうすれば?
達也
達也
はる、、、
太我
太我
達也くん、うそでしょ?
達也
達也
悪い、2人のことを考えたらそうするしかない
晴人
晴人
今日の夜話してくる
太我
太我
いいの?それで?
晴人
晴人
そうするしか、ないし、、、





別れるなんて嫌に決まってる





本当のことを伝えればいいのかもしれない





だけど、達也くんが言ってた通り





あなたに迷惑がかかるかもしれない





そんなのは嫌だから





苦しませたくないから





晴人
晴人
ごめん、俺ら別れよう





素っ気なく





目も合わせず





ただ別れを告げた





あなたから見える俺はどんなやつなんだろう





嫌われたかな





まあその方がいいか


















































1人歩く帰り道





晴人
晴人
くそっ…!
晴人
晴人
なんでだよ、、、
晴人
晴人
なんで別れなきゃいけないんだよ、、、





あれから何度も後悔した





消すことが出来ない連絡先





毎晩今までのやり取りを眺める





2人の思い出の写真を見る





辛かった


















































俺酷いよな





もしかしたら、、、





なんて勝手に期待して





あなたの気持ちなんて考えずに





いつもいつも





俺はあなたを幸せに出来ていたのか





苦しませたくないから





そう思って我慢してきたのに





あなたの今にも泣きそうな顔を見ると





何も意味がなかったんだと悟った





なんで今日に限って





なんで俺の誕生日に





おめでとう





まだ好きだよ





あなたの言葉が俺の心に刺さる





ブロックなんか出来ない





無視なんかしたくない





晴人
晴人
ごめん





愛してるから

プリ小説オーディオドラマ