無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

懐かしい思い出⑤
ころん&ジェルside___
ころん
こ、これどうしよ.......
地面には割れて散らかっている皿の破片
どう見ても取り返しはつかない

2人はこの皿をどうするか必死に知恵をしぼって考える
ジェル
.......っ!俺ええ事おもいついた!!
ころん
え?
ジェル
俺ちょっと取ってくる!
そう言ってジェルは自分の部屋へと入っていく
ジェル
そらこれ!
ころん
貯金箱?
ジェル
そう!これで新しいやつ買いに行けばええねん!!
ころん
それいいじゃん!
ジェル
やろ!?
ころん
僕も取ってくる!
数分後___
2人はそれぞれ自分の貯金箱を持って、リビングに集まった
ジェル
じゃあ行くで
ころん
ゴクン.......うん
2人の貯金箱の中身を取り出し、金額を数える





合計金額.......238円
ジェル
こんくらいあったら足りるかな?
ころん
多分.......そう言えば、ジェル君あの皿がどこで売ってるのか知ってるの?
ジェル
.......知らん
ころん
えっ!?
ジェル
まぁ何とかなるやろ
ころん
何とか.......それに、皿ってどこで売ってるの
ジェル
.......あっ!この前さと兄と玩具買いに行った時、皿売ってる所あったで。きっとなな兄の皿もあそこにあるんちゃう!?
ころん
本当に!?
ジェル
ホンマにやって!行くでころん!!
そのまま2人はお金を持って家を出てしまった
___________________________
どうも、MINAMIです!
更新が遅くなって申し訳ないです

しかも今回の話なんかめちゃくちゃになっちゃった‪w
本当にごめんなさいm(_ _)m

これからもこの作品をよろしくお願いいたします