無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

懐かしい思い出③
ななもりside___
ななもり
ただいまぁー
莉犬&るぅと
ただいまぁー。
俺達は公園で遊んで疲れたので帰ってきた
さっきジェル君達が急いで出てったけど.......どうしたんだろ?
莉犬
なーくん!喉乾いた!
ななもり
ん?じゃあなにか飲むか。何飲む?
莉犬
オレンジジュース!
ななもり
るぅと君は何飲む?
るぅと
僕もオレンジジュースで!
ななもり
OK
俺は冷蔵庫の中からオレンジジュースを取り出しら2人の分と自分のコップを食器棚から取り出そうとするが
ななもり
(あれ?)
コップがどこにもない.......
いつも使ってるお気に入りのコップが何処にもないのだ
莉犬
なーくん?どうしたの?
ずっと食器棚をあさってるのを見て莉犬君とるぅと君がキッチンまで駆けつけた
ななもり
いや、、二人とも俺のコップ知らない?
莉犬
なーくんのコップ?知らないよ?
るぅと
僕も知りませんね
ななもり
ん〜じゃあどこいったんだろ
莉犬
俺も一緒に探してあげる!!
るぅと
僕も探します!
ななもり
ありがとう二人とも
ん〜.......それにしてもない
コップが勝手に動くわけでもあるまいし.......
莉犬
あっ!
ななもり
えっ!?どうしたの莉犬君?見つけた?
莉犬
あっ.......いや、コップじゃなくて.......棚の奥にお菓子があった
はぁ.......お菓子か.......
莉犬
あれ?でもこれ中身空っぽじゃん!
そう言って莉犬君がゴミ箱を開けた時
莉犬
あ!!!あった!!!
ななもり
えっ!?
ゴミ箱を指して叫んだ

中に入っていたのは確かに俺のコップ.......しかも割れてるし.......あっ!まさか.......
るぅと
あ〜これは.......割れちゃってますね
ななもり
フフ.......
莉犬
えっ!?なーくんどうして笑ってるの!?
ななもり
あっ!いや.......ちょっと懐かしい事思い出しちゃって
莉犬&るぅと
懐かしい事?
ななもり
うん‪w
ななもり
あれはね.......ジェル君ところちゃんが、今の二人と同じくらいの歳の話し___