無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

懐かしい思い出②
ころジェルside___

ジェル
こ、ころん.......これ、、絶対ヤバイやつやんな
ころん
ジェル君.......これはヤバイよ.......
ジェルころ
(なーくんに怒られる!)
二人が落として割ってしまったコップはなーくんのお気に入りのコップだった
ころん
と、取り敢えず隠そう!
ジェル
えっ!?
ころん
ジェル君!このコップって昔デパートで皆で買ったやつだよね?
ジェル
そ、そうやけど
ころん
ならなーくんが帰ってくるまでに買いに行こ!早く!!
ジェル
えっ!?ちょっころん!?
ころんがコップを片付けてすぐにジェルを連れて家を飛び出した
ななもり
(あれってジェル君ところちゃん?なんであんなに急いでどうしたんだろ)
3人が家から出ていく所を見ていたとも知らずに