無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

懐かしい思い出①
ころん&ジェルside___
ころん
ア゙ア゙ア゙ア゙アーヅーイ!
ジェル
ころん.......うるさい.......こっちまで暑なるやろ
今は夏休み
炎天下の中2人は部活を終え、帰ってきた所だった
ころん
ただいまぁー!
ジェル
ただいまぁー!はぁ.......やっと着いたあぁ!
ころん
あれ?誰もいないのぉ?
出かけているのか、返事が帰ってこない
ジェル
なーくんと莉犬とるぅとやろ?遊びに行ってんちゃう?それよりなんか飲も。ころんも飲む?
ころん
いる!お茶ちょうだい!!
ジェルが冷蔵庫からお茶を取り出し、2人分のコップを取ろうとした時
ジェル
あれ?ころんのコップないねんけど.......
ころん
え?嘘!あるでしょ?
ジェル
いや、ほんまに無いねんって
ころん
えぇ?
ころんもキッチンへ来て自分のコップを探す
その時.......食器棚の中から1つのコップが落ちパリーンと音を立てて割れた
ジェルころ
あぁああああ!
その時、近所迷惑になるほどの叫び声が響き渡った