無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

虫嫌いな4人💙💛❤💗
桃side______
ころん
もう終わりだ!!
さとみ
落ち着けころん!気お確かに持つんだ!!
ころん
出来るわけないよ!こんなに探しても見つかったかららない...きっともうないんだよ。僕達はこのままこの部屋で奴らに怯えながら暮らすしかないんだ!
るぅとと莉犬が加わって約1時間程だっただろうか。どれだけ部屋を探そうとも俺たちが求めたものは見つからなかった。ころんは朝に遭遇していることもあり、恐怖で震えている。
さとみ
きっと...この部屋にないだけだ!他の部屋を探せば...
ころん
他の部屋にどうやって行くのさ。
さとみ
...
ころん
他の部屋に行くための廊下は奴らがいるかもしれない!ここ以外安全な場所なんてないんだよ!!
さとみ
それは...
ころんの言う通りだ。別の部屋に行くための扉の向こうには奴らがいる。もし開けて外に出れば遭遇してしまうかもしれない。安全な場所は、、このリビングだけなのだ
るぅと
でも...このままずっとリビングでって訳にも行きませんよね?
ころん
...じゃあるぅとくんはあの扉の外に出られるの!?
るぅと
ぼ、僕は______
るぅとが言葉を続けようとした時だ



























































カサカサカサ
莉犬
ヒッ...
俺達の頭の中が一瞬で真っ白になった