無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

虫嫌いな4人💙❤💗💛
俺は恐る恐るころんの指さす方へ振り向いた
ころんside___
1時間程前___
ころん
♪~
今日の僕はいつも以上に気分がよかった。
なんでかって??実はさと兄がお仕事休みなんだ!しかも部活が休み。つまり1日ゲームができるという事だ!!しかもなな兄は生徒会。ジェル君は部活の舞台が近いから朝からいなかった。そのため、1日ゲームをしていても何も言われない。
ガチャ
ころん
さ〜と〜兄〜おっはよー.......って
さとみ
んっ.......zzz…
ころん
寝てる.......
まぁ昨日は夜まで仕事だったし.......仕方ないか
少ししょんぼりしたものの、後で起きたらゲームすればいいと思い僕は朝食を食べるためにリビングへと向かっていった
ころん
朝ごはん.......朝ごはん.......あっあった
なーくんが用意してくれた朝ごはんをテーブルに置き、冷蔵庫から飲み物を取り出しコップにつぐ
準備が終わり、席について食べようとした時だった.......やつが現れたのは
カサカサカサ
ころん
ビクッ.......え?
カサカサカサ
ころん
ギャァァァァア!!!


さとみside___
ころん
ギャァァァァア!!!
さとみ
ん.......ころん?
俺はころんの悲鳴で目を覚ました。
急いで声のしたリビングへと向かう
さとみ
おい!どうしたころん!?
ころん
あ.......さ、さとにい.......あれ、、、、あれ、、、
リビングではころんが何かに怯えたようで、腰を抜かしたのか壁にもたれて座っている。

ころんは俺を見つけると、何かに向かって指をさしていた
カサカサカサ
さとみ
ッ.......
いま、、、何か落としたか?
ころん
さと兄.......あれ.......あれが.......
さとみ
ころん.......あれってまさか.......
カサカサカサ
さとみ
ギャァァァァア!!!