無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ななもりの日常
ななもりside
次男である俺の朝は早い

AM.5:30

俺はこの時間に起きると、皆の分の朝ごはんとお弁当を作る。

AM.6:00

ななもり
おはよう、さと兄
さとみ
おはよう
この時間になると、長男のさと兄が起きてくる。
そろそろみんなを起こさなきゃだな
ななもり
さと兄、下の子達起こすの手伝ってくれない?
さとみ
OK。じゃあ俺はころん起こしてくるわ
ななもり
よろしく!
ななもり
(俺は莉犬君とるぅと君.......後はジェル君か)
莉犬&るぅと部屋___
ななもり
るぅと君!莉犬君!早く起きて!
莉犬
.......
るぅと
.......
ななもり
はぁ.......2人とも!早く起きないとダメだよ!!
るぅと
やだ.......
莉犬
もうちょっと.......
ななもり
.......2人とも、早く起きないところちゃん達にご飯取られちゃうよ。それに、さと兄に幼稚園送ってもらえないよ。
莉犬&るぅと
それはやだ!(バッ
ななもり
‪w‪wやっと起きたね。じゃあ、行こっか(次はジェル君.......)
ジェル部屋___
ジェル
.......
ななもり
.......ジェル君!起きて!
ジェル
.......
ななもり
今日もか......
ジェル君はこの時間には絶対に起きない
ななもり
(ジェル君は後にするか)
ジェル君は置いて朝食を食べに行った
__________________________
作者
今回はここまで
ななもりの日常は次回に続くよ