無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

Side大吾




気づかれた!?














あなた「君たち何してるのかなー?^^*」

大吾「あのーー?なんですか?」


ここは誤魔化せろ!




あれ?なんかはっすんと喋っとるわ。




あなた「人違いでした!すいません!」





俺って天才や!








うん…?







はっすん「やっぱり丈くんやぁー1人?」

丈くん「う…うん。」





丈ーーーーーーー!何してるねーーーん!






あなた「え…やっぱり( -∀-)」







あなた「大ちゃんやな?」









オマーーイガーーーー😱😱







みっちー「バレましたね。」



恭平「バレたな!」








あなた「みんなどうした!?」


はっすん「なにわ男子集合やぁ!」


あなた「流星いないやん。」


大吾「用事やって。」


みっちー「絶対嘘や。ボソッ」



恭平「それボソッ」




あなた「みんなでクレープ食べよ!」


はっすん(´・ω・`)

大吾「落ち込んでる。( -∀-)」

恭平「作戦成功っすね。ボソッ」

あなた「はっすんごめん!また今度2人で行こな!❤️」

はっすん「うん❤️」


大吾( ≖_≖)

恭平(ㅍ_ㅍ)














謙社「恭ちゃんと大ちゃんの愛がすごい」

丈くん「和也アホやし睨まれとること知らんやろうな笑」

謙社「そうですね笑」












結局流星以外で
クレープを食べたとさ。










流星「僕はこの時家で犬と遊んでた〜」















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
みるくです!
コメディ部門でのランキングありがとうございます!
これからもこの小説読んでね〜

ジャニーー