無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

モニタリング

ナレーション「今回のターゲットはこちら」




あなた「こんばんは!」



なにわ男子「なにわ男子です!」



ナレーション「今話題のグループなにわ男子!大人気心霊モニタリングを仕掛ける。はたして大人気グループはどんな驚き方をするのか?」





西畑「始まりました!学校探検物語!」

※題名雑で,すいません。


なにわ男子「いえーい!」



大橋「うわぉーー!!」

カメラ急接近

西畑「要らないことしなくていい笑」




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


西畑「早速中入っていきましょう!」


あなた「見て懐かしい!理科室だ!」

丈くん「いや。お前高校やんけ。」

あなた「ほんとだ」


みっちー「普通忘れるか?」

長尾「ホンマに」




西畑「ここは。音楽室ですね。」


高橋「ベートベンいるやつ」


ナレーション「最初の仕掛け。」


カメラマン「止めますーなんかカメラの調子悪くて。」



大西「大丈夫ですか?」

カメラマン「あ!直りました!すいません。」


あなた「良かったー」


気を取り直して




西畑「むっちゃ綺麗に管理されとるやん。」

丈くん「今の小学校いいな。」



大橋「そうやなー。」


あなた「話してることおじいちゃんwwww」



スタッフ「1回休憩入れマース!」


スタッフ2「すいません。音楽室で待っといてくれますか?機材忘れちゃって」


西畑「わかりました。」




ガチャ🚪




西畑「なんか今日スタッフ落ち着きないな。」


大西「ホンマに。」



大橋「なぁ。俺トイレ行ってくる。」


丈くん「行ってら。」



大橋「うん…?」



高橋「はっすんどうした?」


大橋「あかん。開かない!ドア!」



なにわ男子「嘘やん!/嘘…」


みっちー「ホンマや。」



あなた「閉じ込められたん…?」




長尾「そうぽっい。」




ナレーション「どうする?なにわ男子!」








NEXT