無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

食べ物同盟
Sideあなた


練習が終わったので今から
はっすんとクレープーーーーーーー食べに行きますよ!
(((o(*゚▽゚*)o)))












はっすん「なぁここのクレープ屋にしよ?
僕のおすすめやで!」

あなた「おぉ!いいやんじゃん。」

はっすん「あなた何食べる?」

あなた「(;´・ω・)ウーン・・・苺🍓が入ったクレープかな?って聞いとる?」


なんかね…はっすんずっと( ・ . ・ )ボーっとしとるんよ。

あなた「はっすん!えっと和也!」

はっすん「あ!はい!てか今和也って呼んでくれた?(´✪ω✪`)♡」

あなた「気のせいちゃう?笑てかボーっとしてどした?」


はっすん「あのね。人なんて言うの?ずっと見られとる気がして…」

あなた「気のせいちゃう?」

はっすん「・・・・・」





あなた「はっすんおーーい」



はっすんの目の先にはなんと…


あなた「あれ?大ちゃんと恭平やん!?」


はっすん「こっちにはみっちーと謙社と丈くんいんで!?」

あなた「君たち何してるのかな?^^*」

大ちゃん「あのーー?なんですか?」

はっすん「これもしかして大ちゃん達ちゃうかも?ボソッ」

あなた「なんでボソッ」

はっすん「口調が違うから。」

あなた「言われてみれば。」

あなた「人違いでした!すいません!」

大ちゃん「いえ…」


Side大ちゃん


2人が仲良くしとる!
嫉妬が強烈に芽ばえる!



ついて行こ。





大吾「みんなであなた達のこと追跡しよ!」

恭平「いいっすね。」

みっちー「行きましょ!」


みんなも同じこと思ってたらしい。



流星「僕これからリチャと遊ぶんでやめときます。」

謙社「僕も…」

恭平「じゃあ流星以外で行こっか?」

大ちゃん&みっちー&恭平
「おーーー!」

丈くん「俺達も強制やなボソッ」

謙社「ホンマにですよ笑ボソッ」




て感じで行くことになった。




クレープ屋さん着いた時にはっすん気づいたのかキョロキョロしとる。







みっちー「はっすんが…気づき初めてる。」

謙社「あなた全くですね笑」

大ちゃん「ホンマに笑」



あ…あなたが和也って言ってる。
うーー
( ˘• ₃ • )ズルイ

みっちー「あのーー?すごい顔ですよ。」

丈くん「こんな顔( ˘• ₃ • )」

謙社「こっちもっとやばい」

恭平「(。・ˇ_ˇ・。)」

大ちゃん「くくwwwww」

みっちー「やばwwwwwwww」




そしていつの間にかあなたが俺の前にいた。





どうする?西畑大吾!








NEXT