無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

シェアハウス



Sideあなた













あ…あなたです。








今なんかジャニーさんから手紙来て

なにわ男子全員で読んでる。















その内容がさ。


















「You達シェアハウスしてみない?」












たったの1文だけ!








頭が追いつかない
























西畑「なぁ。これフェイクじゃね?」



高橋「思った。」



マネ「フェイクちゃうでー」








いやマネ突然登場怖いって笑







あなた「わしはパス。」




マネ「なんで?」





あなた「え…女性やし…レディやし…」




丈くん「お前男性やろ?」





あなた「なぁ。とりまぶっ潰すで。」













大西「まぁ。マネからの情報によれば,部屋も用意してるらしいし、行って見いひん?」




大橋「そうやな!プリンあるからもしれへんしな!」









あなた「ショートケーキもあったらどないしよ。」






みっちー「あなたあんま食べたら太るで。」








あなた「大丈夫!ダイエットしてるから。」





長尾「嘘つくのが上手だ。ボソッ」













┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



シェアハウス到着





西畑「すごー✨」





大西「ここやったら高校も近いし最高やん。」





大橋「俺ここ住みたい!!」







長尾「僕も!✨」








丈くん「じゃあみんなで住も。マネここグループで住むわ!」


マネ「了解のマネ〜」



あなた「いや。意味わかんし。笑」






高橋「早く入りましょ!」







西畑「そうやな!」












NEXT




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
今回短いです💦

続きお楽しみに!!