無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

Sideあなた 



今LIVE終わりましたーーーーーーー!












づがれだーーーー!











あ…わしは本当は1人やったけど(部屋)







寂しかったので恭ちゃんと一緒の部屋にしてもらったーー!












そして今は丈橋がラブラブしとるはず
(*´艸`*)ウシシ





はっすん「プリン!プリン!プリン!」




丈くん「お前さぁー疲れてないの?」


はっすん「丈くんと一緒やから❤️大丈夫♥」



丈くん「まぁ一緒の部屋は嬉しいけどボソッ」



はっすん「なんか言った?」



丈くん「なんもない!」






高橋「俺さぁ。大ちゃんのとこ行ってくるわ。あなたも来る?」


あなた「大丈夫!てか大ちゃん隣の部屋だし行きたかったらいくね。」


高橋「おk」





はぁーーーーーーーー









寝るか…









ピコン!(LINE)







ん?







「3年B組から200件」







LIVEしてたからむっちゃたまってるわ、



暇だし読んでみるか。






LINE




友達a「ねぇこれって送っていいの?あなた見るかもしれないじゃん。」


男子e「大丈夫だって!」



男子c「じゃあ送るてかこれTwitterから拾った写真。」





写真





は…







何これ…





私が着替えてる写真…






どうして。








友達i「早く消しなよwwww」



友達「ホンマに」





その時私は凄く嫌な予感がした…






あなた「この写真誰のTwitter?」









張本人出てきたら無視かよ…







鬱陶しいし何より怖い…






退会しよ…









てかスクショしとけば…





恭ちゃん「あなた〜」



∑(O_O;)ビクッ



あなた「恭平どした?」



高橋「ご飯の時間だから」



あなた「おぉーいこいこ!」









┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


このとき私はまだ分からなかった。


これから恐ろしい事が起きるなんて…












NEXT