無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

978
2020/03/10

第85話

85
瑞稀side
まじか………。


ヴァンパイアの街から出て、


今は人間の町を歩いている。


がりさんはさっきの恐怖で疲れたのか、


今は眠っている。


俺はがりさんをおんぶして歩く。


優斗ん家に泊まる時の荷物は


そこまで大きくないし、


がりさんも軽いから平気だ。


あ、そういえば姉ちゃん迎えに行かないとだ。


がりさんを家に寝かせてから行こう。
ガチャ
俺は鍵を開けようとして鍵穴に鍵をさした。


あれ?鍵開いてる。


ちゃんと閉めて出たよね?


何で開いてるの?
瑞稀
瑞稀
ただいま~…
あ、瑞稀!おかえり!
瑞稀
瑞稀
姉ちゃん!?え?
(なまえ)
あなた
あれ?LINEみてない?
瑞稀
瑞稀
あー…。ほんとだ……
じゃなくて、廉は?
廉
おるで。おかえり、瑞稀
瑞稀
瑞稀
ただいま
(なまえ)
あなた
あ、荷物
廉
なんか増えてへん?
瑞稀
瑞稀
あー、がりさん。
あとからちゃんと話す
(なまえ)
あなた
荷物貸して。片付けておく
瑞稀
瑞稀
ありがとう
俺は姉ちゃんに荷物を預けて、


がりさんを運ぶ。


予備の部屋があるけど片付けてないから、


一旦俺の部屋で寝かせておこう。