無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

嘘でしょ?
ジェシーside
どもーージェシーでぇ〜すっ!
みなさん大変でーーす!あなたが
帰ってきません!
なんで居ないのかなんで帰ってこないのか
全て分かりません。この事が出演する全員に伝わって色んな人が聞いてきます。
深澤辰哉
あなたなんで居ないの?
ジェス
わかんないっす
突然出てきいました
七五三掛龍也
何があったんだろう
高橋海人
何か持って出ていきました?
森本慎太郎
あー携帯と財布だけ持っていった
高橋海人
じゃあバックを置いてるなら
戻ってくるんじゃないですか?
京本大我
確かに
田中樹
廉なんか聞いてないの?
永瀬廉
なんも聞いてないです
浮所飛貴
大丈夫ですかね
岩本照
まぁとりあえずあなたが戻ってくるまで
SixTONESは6に…7人で頑張れ!
ジェス
YES
ーここからは完全に妄想ですー
高橋優斗
続いてはSixTONESでーす
みんな
お願いしまーす!
高橋優斗
あのーみなさんお気づきだと思いますがおたくのオレンジさんは…‪w
田中樹
あの方は一体何をしてるんでしょうか‪w
ジェス
CMの後で‪w
観客(‪w‪w‪w
高橋優斗
いやいや、少クラCMないですから‪w
松村北斗
あのオレンジは多分遅刻ですかね
高橋優斗
じゃあまた後で来られると言うことで…
髙地優吾
多分、来ます!
高橋優斗
っていうかそうだ!
星奈さんが加入してから初めての少クラですね
京本大我
あーー確かにそーだね
高橋優斗
星奈さんなんか一言ありますか?
星奈愛花
えぇ〜〜そ〜ですねぇ〜
あなたちゃんがいないのでぇ〜
女子1人ですががんばりまぁ〜す♡
高橋優斗
はい、ありがとうございます
それではSixTONESのみなさんスタンバイお願いします
あなたが歌うパートは
全部星奈さんになったけど音程ズレてる‪w
ー終わるー
ジェス
ねーー今日あなたソロなかったっけ?
田中樹
あっそうじゃん!!
今日はあなたがソロを歌ってそれから
次は俺達が入って全員で「この星のHIKARI」を歌うことをなってる
髙地優吾
間に合うかな?
なんて話をしてるととうとうあなたのソロになってしまった
その時
ごめん通らせて〜
京本大我
あなた!!
大我の声にキンプリやJrが反応した。みんなモニターをガン見して見ていた
〜本番〜
高橋優斗
さて、続いてはやっと来ました!雪村あなたで「365日家族」どうぞ!
あなたside
あなた

365日家族
この世にいる奇跡 分け合って
少しずつでいいから 受け止めたい
生まれてきたこと 死んでゆくこと
「ありがとう」っていう ただひと言
伝えよう ナミダこみあげても
明日が 母の日じゃなくたっていい
春夏秋冬 僕達は つながってる

(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
あなた

ここでちょっと言わせて頂きたいことがあります

あなた

えーーさっき楽屋でみんなとのんびり過ごしている時に電話がかかって来ましてその電話は病院からで私の母親が事故で亡くなったと電話が来ました。私は正直まだ整理出来てません。でもなぜ今日私がここに来たかと言うと母親から手紙があって「私はあなたが芸能界で活躍してる姿をいつも嬉しく思ってるからこれからもジャニーズとしてステージでキラキラ輝くあなたでいてね!」この言葉で私は今まで以上に頑張ろうと思うことが出来ました。こんな私ですがこれからも雪村あなたをよろしくお願いしますズズッ

観客(((´;ω;`)パチパチ
SixTONES
フゥーー
フゥーと言ってみんなが走って来た
そして同時に流れる「この星のHIKARI」
樹が泣いてる私の頭を撫でたり。
きょもは一定のテンポで背中を叩いてくれる。
ジェシーと慎太郎はちょっとしんみりしていた会場を盛り上げてくれる。
髙地と北斗は「よく言えたね」「頑張った」って声を掛けてくれる。
改めてSixTONESで良かったなって思えた!
※この星のHIKARIのパート変えてます
ジ・京・雪「Wow Wow Wow…Yeah Yeah Yeah Yeah×2」
ジ 「うつむく その横顔も ふと見とれてしまうから 目をそらす」
京 「君の手を取り このままどこか遠くまで  譲れない情熱が今も」
田・松 「もう僕のそばにいたらいいと 素直に言えたなら」
京・森・髙 「そんな一言 伝えなれない 僕は空を見上げている」
雪 「この星溢れてる 光り集めて 君を照らしてゆく Forever」
ジ 「瞳の奥にまだ僕はいない 歯がゆさも抱きしめながら」
全 「誰かが君の前に現れてしまうまでに 今届けよう」
ジ・松「その全て」
田・森・髙 「僕の手で」
京・雪 「守り続けて行くからね」
髙「二人でいると時間はこんなに」
田 「すごいスピードで駆けていく どうしてだろう」
髙・田 「Yeah」
森 「時が止まればと」
松 「初めて感じた」
森・松 「君が教えてくれた」
ジ「この星溢れてる光り集めて 君を照らしてゆくForever」
雪「瞳の奥にまだ僕はいない 歯がゆさも抱きしめながら」
京「誰かが君の前に現れてしまう前に 今届けよう」
ジ・京・雪「その全て僕の手で守り続けて行くまで」