無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

91
2021/10/20

第7話

🛼



「私洗うよ!」




ご飯食べ終わった後は


作ってくれたから私は洗い物をすることにした




り「いーの?手荒れない?」



「大丈夫だって!」



り「じゃあお言葉に甘えて」





使ったお皿をシンクに置いて


洗い物を始めた



「ん!?」



後ろから涼くんが抱きしめてきた



り「カレーどうだった??」



「めちゃくちゃ美味しかったよ!」



り「よかったっ作ったかいがあった!」



「完全に胃袋掴まれてるなぁ」




り「つかんじゃった??」



普通に会話してるように見えるが


耳元から聞こえる涼くんの声が


くすぐったくて仕方ない




り「ん?どした?」




流石に見抜かれた( ; ; )




「耳元で喋らないでっくすぐったい//」



り「そんなこと言われたら」




もっと耳元で話してくるりょうくんはいじわるだ




「もぅっ!」




り「かわい^^」



「そーじゃないー!」




彼氏の涼くんも彼女にぞっこんだった^^