無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

273
2021/09/28

第3話

🛼


ーーーーー
me side



実家暮らしの私は



オフの日に私がりょうくんの家に行く



っていうのが当たり前になってきてるこの頃





りょうくんは高校の先輩で


出会った時はチャラい人だと思ってた



けど本当は優しくて、努力家で面倒見が良すぎる人





「サプライズ準備おっけい!」





今日は付き合って2年記念日。



昨日のオフからりょうくんの家に泊まってて



今日は内緒でりょうくんのお仕事中に



サプライズを用意した!


家に居る事は知られてるけど



ケーキと料理とお部屋の飾り付けをした!



料理の力はりょうくんに負けるけど



私なりに頑張ってオムライスを作る予定にしてる




ーーーーー




ガチャッ




りょうくんが帰ってきた




パンッ!



用意してたクラッカーを鳴らすと



大きな目を開いたりょうくんが立ってた




り「おおっびっくりしたぁ笑」




「いつもありがと!」




り「すげぇ!1人でしたの?」




「そーだよ!」




り「ありがとうっ」





そう言って抱きしめてくれた




り「実はさ、」




「ん?」




り「ケーキ買ってきたんだよね」




「ほんと!?私もつくったんだよ!」




り「そーなの!?2つあるじゃん笑」




「2つとも食べよ!」




り「あらっダイエットはよかったの?」




「今日はいーの!」





りょうくんの努力を見習わないとと思って



始めたダイエットだけど



今日はいいよね?笑





り「いただきまーす」





私の作ったオムライスを



目をキラキラさせながら食べてくれるりょうくん





り「ん!めっちゃおいしい!」



「ほんと!?よかった」



り「いつもありがとねっ」



「こちらこそだよ!いつも料理振舞ってくれて」




り「どういたしましてッ」







こんな幸せが続きますように^^