無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第80話

束縛


部屋から出ると




ちょうど えいちゃんが帰ってきた




エイジ
ただいまー
あなた

おかえり~

エイジ
あ、これいる?



取り出したのは


ジュース
エイジ
赤りんご青りんご100%なんだよ
あなた

うん ほしい!

エイジ
ほい 
あなた

りんご好きなんだよね~

エイジ
良かったね
あなた

うん

エイジ
ちょっと来てくんない?


小声でそう言われ



えいちゃんについて行く。















__すっかりみっくんの言ってたことを忘れていた。















エイジ
そこ座って
あなた

うん



ドアを閉めたあとえいちゃんは私の隣に座る








エイジ
あのさ、よく考えたんだけど
エイジ
改めて俺の気持ち、正直に 言う
あなた

えいちゃんの気持ち?

エイジ
うん
あなた

なに?えいちゃんの気持ちって

エイジ
俺 あなたのこと好きなんだよね
あなた

…うん。

あなた

でも 私にはみっくんがいるよ?

エイジ
みっくんなんかより俺にしてよ、


ぎゅっと抱きしめられる






そして小声で、







エイジ
俺だって辛いんだから…





そう言う






あなた

気持ちは、うれしいよ

エイジ
俺、あなたがホテルで身を委ねてくれて
俺にもチャンスきたのかなとか、
好きになってくれたのかなとか、
エイジ
いろいろ混乱してて…
あなた

うん、うん…分かったよ

あなた

ありがとう そんなに想ってくれて

エイジ
あなたのこと、大好きなの…に
あなた

私はみっくんが好き

あなた

えいちゃんが嫌いとかじゃないよ?

エイジ
なんで…なんでアイツなの?
あなた

だって、私の彼氏だし 好きな人だもん

あなた

いくらえいちゃんに言われても
私がみっくんを嫌いになったり
みっくんが私のことを嫌いにならなきゃ

あなた

簡単に恋人は変えれないよ。






でも 今本音を言うと











ずっとこれからみっくんを好きでいれるか





不安なの。
















でも、今はみっくん。





あなた

だから…離して



えいちゃんからそっと離れようとした





エイジ
じ、じゃあ…


そう言ってまた 強く抱き締められた










エイジ
まだ俺にチャンスはある…、かな?
あなた

うん、あるかもよ



背中をとんとん と優しく叩く


エイジ
みっくんとなんかあったらすぐ俺に頼れ
エイジ
絶対だから、ね?
あなた

わかった。えいちゃんに頼りに行くね

あなた

でも私が頼れに行けなかったら
助けに来てね

エイジ
すぐ行くよ どこでも!!
あなた

じゃあね!

エイジ
うん またね











えいちゃんと離れ 部屋を出た














あなた

さっきから我慢してた~、








トイレに行きたかった((

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ℳ🌹❕
ℳ🌹❕
1番のおん推しは わたし 。 ペア画しちゃってる 強ヲタです😊 💖 おんでぃす 💖 結婚してます ❕ めちゃ愛してます❕ まんこ同盟を組んでるのです❕❕ ⚔️ りん⚔️ だいすきだぞ❕みくもりんたん推してる❕ 🧣@芋っ子 🍠🧣 とりまらぶい❕みくの憧れの人❕ \ ファンマ→🐟🌛 / ❤ 💬 ⭐ ^_^👍 いつまでもほうれい線くっきりな 貴方が大好き 、 忘れない 。 (❌) 初対呼びタメ/相互/パクリ/宣伝
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る