無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第82話

束縛



エイジside





エイジ
あートイレトイレ




漏れそうで駆け込んだトイレ






ドアの向こうから 撮影するよと声をかけられる





エイジ
あ、ケータイ忘れた



部屋に戻り携帯を手に取る






廊下に出て リビングに行く途中





丁度みっくんの部屋の扉が開いた








エイジ
早く行かないと文句つけられるぞ~い
ツリメ
あ、そだね~早く行こ



ドアの隙間から少し見える部屋を覗いてみると






あなたが縛られていた




エイジ
ちょ、みっくん
ツリメ
ん?なに?早く行こ!
エイジ
おい、待てよ



みっくんは俺の事を無視して




リビングに行ってしまった












そら
遅いよえいちゃんー
エイジ
あーごめんごめん
りくを
みっくんもね
ツリメ
えへへ~
エイジ
おい 後で話あるから
ツリメ
えーなに?
そら
みっくんだけ?
エイジ
うん これ大事
りくを
急ぎだったら
今から話してきてもいいけど?
そら
あー
エイジ
そっちの方がいいわ
ツリメ
なに?ここじゃだめなの?
エイジ
別にお前がいいならいいけど
エイジ
てか 大体分かるだろ?
ツリメ
あー。あなたのことでしょ?
エイジ
せーかい
ツリメ
別に俺が何しようと勝手
口挟まれようが俺は変わらない
ツリメ
あなたが悪い えいちゃんに抱きついて
男たらしてんだろ?どーせ。
ツリメ
だから俺の隣にずっと居させてあげる
それの何がいけない?
りくを
え、何この展開
ツリメ
あんたは黙ってろ
りくを
なにその口、殺りたい
そら
落ち着いて、りっくん
エイジ
2人は黙ってて?
ツリメ
ねぇ、何がいけない?
てか 悪いことなんてない 良いことしか
ツリメ
俺は正しい。愛を注いでるだけ
エイジ
何言ってんの、
エイジ
あんな手足縛って?
声も出せないようにして それが幸せ?正しい?馬鹿だな
エイジ
みっくんは満足かもしれない
けどあなたの気持ちは考えた?
ツリメ
考えた、考えたよ、考え抜いてこれだ!
エイジ
ていうか、まずね 
あなたのトラウマになってるのをしてるっていうその時点で
みっくんはダメな事をしてる
ツリメ
は? なにが? 
エイジ
あなたはちゃんとみっくんを愛してる
さっきそれをあなたから聞いたもん
ツリメ
あーもういい、うざいうざい。
お説教は懲り懲り 撮影も抜ける。
そら
ちょ!!
ツリメ
触んないで、














あいつは逃げてばっか











自分の弱みを分かってない







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ℳ🌹❕
ℳ🌹❕
1番のおん推しは わたし 。 ペア画しちゃってる 強ヲタです😊 💖 おんでぃす 💖 結婚してます ❕ めちゃ愛してます❕ まんこ同盟を組んでるのです❕❕ ⚔️ りん⚔️ だいすきだぞ❕みくもりんたん推してる❕ 🧣@芋っ子 🍠🧣 とりまらぶい❕みくの憧れの人❕ \ ファンマ→🐟🌛 / ❤ 💬 ⭐ ^_^👍 いつまでもほうれい線くっきりな 貴方が大好き 、 忘れない 。 (❌) 初対呼びタメ/相互/パクリ/宣伝
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る