無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第86話

束縛



目を覚ますと





えいちゃんが片方の手で



私の手と繋ぎながら



編集をしていた









エイジ
あーもう、編集しにくい…
あなた

えいちゃん。

エイジ
あ、起きてた?
あなた

ごめんね 手 離していいよ

エイジ
ううん 安心するまで繋いであげる
あなた

でも 仕事の邪魔でしょ?

エイジ
ぜんっぜん!
あなた

さっき邪魔って言ってたくせに?

エイジ
……聞いてたのかよ
あなた

聞こえてた にしといて

あなた

じゃあ、

エイジ
ん?
あなた

ずっと握っててくれたってこと?

エイジ
んまぁ、そーなる
あなた

ありがとう

エイジ
いーえ
あなた

えいちゃん大好きだよ

エイジ
…はっ?!
あなた

友達として~♡

エイジ
紛らわしいわ!笑
エイジ
てか、今のあなた不細工 腫れてる
あなた

……レディーにそんな事言わないのよ!

エイジ
すごく可哀想


優しい目で 頭を撫でる
あなた

…可哀想とか言わないで

エイジ
じゃあなんて言えばいい
あなた

普通になんも言わなくていい…

エイジ
りょーかい





頭にあった手は 頬へと降りていき



エイジ
あなた、よく頑張ったね。


優しく口を重ねられた


あなた

ちょっと…やめてよ、

エイジ
いーじゃん、
あなた

ほんっとにやめて!



えいちゃんを押した
あなた

やめてよ…

エイジ
ごめん 
エイジ
俺どうかしてるよな、
あなた

…わかんないけど

あなた

まだえいちゃんは好きになってないの

エイジ
そっか。
あなた

でも もう少し待ってて

あなた

もしかしたら…って

エイジ
まだみっくんのこと好きか?
あなた

微妙なところ。




実際 えいちゃんのことも気になりだしてる




はぁ…どっちなんだろう




エイジ
まぁ、ゆっくりと考えなよ
エイジ
自分が後悔しない方を選びな
あなた

うん、























--


えいちゃん と みっくん どっちがいいのかな、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ℳ🌹❕
ℳ🌹❕
1番のおん推しは わたし 。 ペア画しちゃってる 強ヲタです😊 💖 おんでぃす 💖 結婚してます ❕ めちゃ愛してます❕ まんこ同盟を組んでるのです❕❕ ⚔️ りん⚔️ だいすきだぞ❕みくもりんたん推してる❕ 🧣@芋っ子 🍠🧣 とりまらぶい❕みくの憧れの人❕ \ ファンマ→🐟🌛 / ❤ 💬 ⭐ ^_^👍 いつまでもほうれい線くっきりな 貴方が大好き 、 忘れない 。 (❌) 初対呼びタメ/相互/パクリ/宣伝
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る