無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

第4話
その夜は3人で深い眠りについた。




翌朝 7時頃
あなた

パパ、おはよ。

藍沢耕作
藍沢耕作
おー、今日は自分から起きたか。
あなた

うん。

藍沢耕作
藍沢耕作
ママ、まだ寝てるか?
あなた

うん、寝てたよ。顔洗ってくるー。

藍沢は寝室に行った。
藍沢耕作
藍沢耕作
恵ー。
白石恵
白石恵
(寝ている)
藍沢耕作
藍沢耕作
恵、俺、そろそろ仕事行ってくるな。
白石恵
白石恵
ん?耕作?
藍沢耕作
藍沢耕作
吐き気、ないか?
白石恵
白石恵
うん。今何時?
藍沢耕作
藍沢耕作
7時10分だ。
白石恵
白石恵
起きなきゃ。
藍沢耕作
藍沢耕作
だめだ、まだ寝てろ。
白石恵
白石恵
わかった、仕事、頑張ってね。
藍沢耕作
藍沢耕作
あぁ、今日、俺当直だから緋山に今日泊まってくれるように頼んどくよ。
白石恵
白石恵
うん、ありがとう。
藍沢耕作
藍沢耕作
じゃあな。
白石恵
白石恵
うん。


7時15分

藍沢耕作
藍沢耕作
よし、じゃあパパ行ってくるな。あなた
あなた

(朝ごはんを食べながら)うん、気おつけてね。

藍沢耕作
藍沢耕作
今日は緋山に夜来てもらうようにするから。
あなた

久しぶりだね、こっちに泊まるの。

藍沢耕作
藍沢耕作
そうだな。じゃ、行ってきまーす。
あなた

行ってらっしゃーい。

7時40分頃  あなたは白石のことを気遣いそっと家を出て、学校へ行った。
9時頃
白石恵
白石恵
(目覚める)ん"(時計を見て)もう、9時かぁ。そろそろ起きよ。
白石は、起きて朝ごはんを食べた。
白石恵
白石恵
(朝ごはんを食べている)ウッ、
白石はとっさに手で口を覆い、キッチンの洗い場に行った。
白石恵
白石恵
ウェッ、ゴホッゴホッハァーハァー
その後、酔い止めを飲み、白石は休んだ。



夕方5時頃。


ガチャ
あなたが学童から帰ってきた。
白石恵
白石恵
あ、あなたお帰り。
あなた

ただいま、、、ママ休んでなくて大丈夫なの?

白石恵
白石恵
うん、今は大丈夫。学校どうだった?
あなた

今日はねぇ、図工で紙粘土使って、お弁当作ったの。学童でもあなたが好きなカッパえびせん食べた。

白石恵
白石恵
そっか、お弁当、上手に作れた?
あなた

うーん、どうだろう。周りの子に比べたら全然かな。あと、1回あってその時完成するから、作ったお弁当見てね。

白石恵
白石恵
うん、楽しみにしてるね。
あなた

うん!明日の時間割りしてくるね。

白石恵
白石恵
今日手紙ある?
あなた

えっとー、あったかな?

白石恵
白石恵
あったら、ちゃんと持ってきてね。
あなた

はーい!

あなたは、自分の部屋に行き、明日の時間割りをしていた
白石恵
白石恵
(なんか、気持ち悪くなってきた。トイレ行こ。)
白石はトイレへ行った。
白石恵
白石恵
ウェッ、ゴホッゴホッ、
その数分後、あなたは時間割りが終わり、手紙を持ち階段を下りながら
あなた

ママ〜、手紙あったよー。

階段を降りて
あなた

あれ?ママ〜?

トイレ
白石恵
白石恵
ゴホッ、オェッ
あなた

(白石の苦しそうな声が聞こえて)ママ、トイレ?

あなたはトイレの前に行った。
あなた

ママ、大丈夫?

白石恵
白石恵
あなた、ちょっと待ってね、
あなた

うん、、、

数分間、白石はつわりで苦しみ、あなたはずっとトイレの前で心配そうに待っていた。