無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第8話
電車である駅に着いた。
白石恵
白石恵
着いた〜。なんかジュース買ってから行こうか。
あなた

うん!

ジュースを買い
白石恵
白石恵
ショッピングモール行こっか。
横断歩道の信号が青になり
渡ったその時




ドンッ‼️






大きな衝撃音がした。




あなた

ママ!ママ!!

白石恵
白石恵
ん"あなた、、、
白石とあなたほか複数人の中に信号無視をした車が突然突っ込んできたのだ。
あなた

ママ!

周りの目撃者らはすぐさま救急車を呼んだり、中には放心状態になっているに人もいた。
白石恵
白石恵
あなた、、、
あなた

ママ、大丈夫だよ🥺

その数分後救急車、5台がきた。
救急隊員
大丈夫ですか?わかりますか?
白石恵
白石恵
は、い、、、
その頃、翔北ではヘリ要請が入ってきた。



プルルプルルプルルプルル
藍沢耕作
藍沢耕作
はい、こちら翔北救命センターです。
消防隊員
こちら〇〇消防です、〇〇で車が十数名の歩行者らに突っ込みました。重傷者も複数いると思われます。ヘリ要請をお願いします。
藍沢耕作
藍沢耕作
(CSの出動OKサインを見て)わかりました、詳細は追って知らせてください。
ホットラインを切り。
藍沢耕作
藍沢耕作
とりあえず、俺と緋山で先に行く、そのあと藤川らこい。
藤川一男
藤川一男
了解。
横峯あかり
横峯あかり
わかりました。
灰谷俊平
灰谷俊平
はい。
名取颯馬
名取颯馬
はい。
藍沢と緋山、冴島はヘリに乗り込んだ。
藍沢耕作
藍沢耕作
こちら翔北ドクターヘリです、状況を教えてください。
消防隊員
今、確認できてる人だけで重症患者が5名、軽傷者は7名います。
緋山美帆子
緋山美帆子
トリアージタッグ用意しといて。
冴島はるか
冴島はるか
はい。
そうして、離陸してから、13分後現場に到着した。
藍沢耕作
藍沢耕作
現場どこですか?
消防隊員
こちらです。
消防隊員に誘導された。
そこには何人もの人たちが倒れ、横断歩道の白線は赤い血で染まっていた
緋山美帆子
緋山美帆子
なにこれ、どうなってんの、、、
藍沢らの目に真っ先に飛び込んできたのは、



白石の姿だった。隣には泣いているあなたの姿もあった。
緋山美帆子
緋山美帆子
私はあっちの重傷者、みるわ。冴島!
冴島はるか
冴島はるか
はい、、、

藍沢は一瞬息が止まった。
動揺しながらも、白石のそばに寄った。
藍沢耕作
藍沢耕作
恵!あなた!
あなた

パパ!

藍沢耕作
藍沢耕作
恵、もう大丈夫だ。あなた、怖かったな、でも後はパパに任せろ。
あなたは、擦り傷と打撲をしていた。
藍沢は白石のそばについていてくれた救急隊員に手当てをお願いした。
藍沢耕作
藍沢耕作
すいません、この子の手当て、救急車でお願いしていいですか?
消防隊員
わかりました。おいで、、、
あなた、救急隊員に連れられ、白石のそばを離れた。
藍沢耕作
藍沢耕作
恵、わかるか?
白石恵
白石恵
耕、作、、、
藍沢耕作
藍沢耕作
もう大丈夫だからな。冴島!
冴島はるか
冴島はるか
はい!
藍沢耕作
藍沢耕作
エコー、出して。それから、藤川に新生児キット持ってくるよう頼んで。
冴島はるか
冴島はるか
わかりました。