無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

第7話
24週に入り、白石のお腹もだいぶん大きくなってきた。
ある日の土曜日。




夕方6時30分頃




白石恵
白石恵
ただいま。あなた。
あなた

お帰りなさい。

夕ご飯中
あなた

ねぇ、ママ。

白石恵
白石恵
ん?
あなた

明日、お休みでしょ?

白石恵
白石恵
そうだけど。
あなた

お願いがあるんだけど、、、

白石恵
白石恵
何?
あなた

明日、お出かけしたい。いつも、日曜日一人だし、、、

白石恵
白石恵
いいよ、明日お出かけしよう。
あなた

いいの?安静にしてなくても。

白石恵
白石恵
大丈夫、あなたには休日楽しいこと、させてあげられなかったし。
あなた

ありがとうママ😊

翌日   日曜日
藍沢耕作
藍沢耕作
今日は恵どっか行くのか?
白石恵
白石恵
今日はあなたとお出かけ。
昨日、あなたから行ってきた。
藍沢耕作
藍沢耕作
きっと、寂しかったんだな。今まで。
白石恵
白石恵
もう、お姉ちゃんになるからかな。甘えちゃいけないって思ってるみたい。
藍沢耕作
藍沢耕作
笑笑
藍沢が出勤して
白石恵
白石恵
あなた〜起きるよー。
あなた

あとちょっと。

白石恵
白石恵
今日、お出かけするんでしょ。
あなた

うん"

白石恵
白石恵
ほら、起きるよ。
10時頃
白石恵
白石恵
あなた、準備できた?
あなた

うん!

白石恵
白石恵
よし、じゃあ行こっか。



しかし、楽しい時間はほんの一瞬の出来事で失ってしまう、、、
そうとは誰も予想できなかった。