第3話

え、私ですか??
385
2020/12/31 00:51
ショーが終わったあと、私たちは楽屋的な所で打ち上げをして、その後ファンの人たちと写真会的なことをする。

これがファンにとっての楽しみなんだとか。
分からなくもない、私も高校まではショーを見に来るぐらいしか出来なかったから、今こうしてコスプレイヤーとして活動できているのがとても嬉しい。


ちなみに私はエリちゃんのコスプレしてる人とのツーショットもお願いされる。まぁ、ここ2人天使だもんねわかる。



「あ、ありがとうございましたーー。(笑)」
ファンへの笑顔も忘れずに。
私が笑顔で見送れば、ファンも手を振りながら帰っていく。

次のファンは……

???
「あの、今日のコスプレも凄かったです!!」


「ありがとうございま……す、」

え、山田一郎????うせやん、なんでこんな所に??

てか、え、

「え、あ、あぁありがとうこざいます。」
「写真、どんな風にしますか?」

山田一郎
「あの、貴方1人のだけの写真撮ること出来ますか??」


「Why?」

山田一郎
「あ、無理なら握手してください。」


「ええ?いいですよ。なんなら両方しますけど……。」

山田一郎
「っ、お願いします!」

そんなお目目きらきらさせて言うな、顔面宝具!!!

プリ小説オーディオドラマ