無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

140
2021/09/29

第4話

No.4
前回の続き
虎介(こうすけ)
虎介(こうすけ)
失礼します。
(なまえ)
あなた
どうぞ。
用件はなんですか?
虎介(こうすけ)
虎介(こうすけ)
あなたのお父様達からお話を
お聞きになったかもしれませんが、
そのお話について、きました。
(なまえ)
あなた
そうですか。
お父さん
お父さん
もうその件は済んだ話なんだが、
何回言わせる気か?
虎介(こうすけ)
虎介(こうすけ)
ですが、我々の方でも大変でして、
どうにかできませんでしょうか?
お父さん
お父さん
無理だ!
(なまえ)
あなた
まぁまぁ。落ち着きなってお父さん。
お父さん
お父さん
しかしな…
虎介(こうすけ)
虎介(こうすけ)
ご主人様もあなたさんの
ために
なんでも出すっと
おしゃってますし。
そこをなんとかお願いします。
お父さん
お父さん
例えば、どんなのですか?
虎介(こうすけ)
虎介(こうすけ)
それは、こちらにまとめてきました。
虎介(こうすけ)
虎介(こうすけ)
こちらがご主人様があなたさんと
お父様達に向けた条件でございます。
お父さん
お父さん
そうですか…
お母さん
お母さん
その条件は、どうしてもでしょうか…?
虎介(こうすけ)
虎介(こうすけ)
はい…
私もわかります。
お父様達の気持ちが。
今まで愛情こめてここまで育てたのを
そう簡単に手放したくないのは
よくわかります。
お母さん
お母さん
そうですか…
お父さん
お父さん
質問、なんだが
あなたには、ガードつけるのか?
虎介(こうすけ)
虎介(こうすけ)
はい。もちろんでございます。
あなたさんには、常に2人つけます。
学校にはもう1人をつけ、サポートに3人
つけます。これは必ず約束します。
お父さん
お父さん
そうか。それは安心だ。
なぁ。お母さん。
お母さん
お母さん
そうですね。
あなたにたくさんの人から
守ってくれるなんてね?
(なまえ)
あなた
おぉ。なんか話が進んでいるのだが…
お父さん
お父さん
すまん。
あなたはどうするのだ?
最後はあなたが決めるんだからな?
(なまえ)
あなた
わかってるよ…
私から条件を出します。
これを飲め込めないと私は
行きません。
虎介(こうすけ)
虎介(こうすけ)
わ、わかりました。
条件とはなんでしょうか?
(なまえ)
あなた
1つ目、お母さん達に月1〜2を
会わせてください。
2つ目、少し大きな家をお母さん達
にやってください。
3つ目、私が、ガードつけてくれる人
を選ばせてください。
4つ目、何事にも絶対に否定しない
でください。
何かあったら助けてください。

わがままですが、お母さん達にも
恩返しをしたいので。
この条件は飲め込めますか?
虎介(こうすけ)
虎介(こうすけ)
わかりました。
用意をします。
(なまえ)
あなた
わかりました。
行きます。
虎介(こうすけ)
虎介(こうすけ)
ありがとうございます!!!!
m(*_ _)m
再来週の水曜日にまた来ます。
(なまえ)
あなた
わかりました。
玄関まで行き
虎介(こうすけ)
虎介(こうすけ)
今日はありかとうございました。
では、失礼します。
お母さん
お母さん
はい
ガチャ
お父さん
お父さん
あなた、本当にいいのか?
(なまえ)
あなた
いいんだよ。自分が決めたことだから
お母さん
お母さん
そうなのね。
お父さん
お父さん
あなたが決めたことなら、何も言わないが、
何かあったら、すぐに言うこと。
いいか?
(なまえ)
あなた
わかった









次回へ




✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽―
遅くなってすみませんでした💦

なかなか、TravisJapanと阿部ちゃんが
出てきてなくてすみません💦

次は出せるようにしますので

少々お待ち下さいm(*_ _)m

面白かったらお気に入りといいねを
お願いします🙇🏻‍♂️