無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

522
2021/05/28

第3話

🌹
SC side



花屋を出て急いで家に戻る


店員さんに、恋人の事を沢山聞かれたから


無性に会いたくなってしまった




スンチョル
スンチョル
ただいま〜


玄関のドアをそっと開ける


家を出るまで、隣でぐっすり寝ていた恋人を


起こす事はできない







もう一度寝顔を拝もうと寝室のドアを開ける


スンチョル
スンチョル
……え


そこには会いたかった人の姿はなかった



いつもこんな早くには起きないのに…


ジョンハン
ジョンハン
スンチョラ…‼︎


いきなり、後ろから名前を呼ばれ驚いてしまう


スンチョル
スンチョル
ハニ〜もう起きてたのか
ジョンハン
ジョンハン
……


何故か喋ろうとしない


スンチョル
スンチョル
何かあった?
ジョンハン
ジョンハン
(いなかった…)
スンチョル
スンチョル
なんて?
ジョンハン
ジョンハン
起きたら、横にいなかった!
折角記念日だから早く起きたのに…


低血圧なのに頑張ってくれたのに喜びつつ


申し訳ない気持ちに苛まれる


スンチョル
スンチョル
ごめんな?
ジョンハン
ジョンハン
…どこ行ってたの


この言葉でハッとする


スンチョル
スンチョル
ハニ、ちょっと来て
ジョンハン
ジョンハン
え、まだ答えてもらってなi


少し強引ではあるが手を引きベッドに座らせる


ジョンハン
ジョンハン
何…?


ハニの前で跪く


スンチョル
スンチョル
ハニ、俺と付き合ってくれてありがとう
これからもずっと一緒にいたい
一生大切にするよ
僕と結婚して欲しい
ジョンハン
ジョンハン
んっ…グス
こんな僕でよければ!
スンチョル
スンチョル
こんな、なんて言わないでよ
俺にはハニしかいないんだから



そっと抱き締めこの人を愛せて良かったと


改めて実感する


スンチョル
スンチョル
ハニ、手貸して
ジョンハン
ジョンハン
うん、


指輪をはめる


ジョンハン
ジョンハン
これ買いに行ってくれてたの?


ハニは花束を見つめ、微笑む


スンチョル
スンチョル
そーだよー
ジョンハン
ジョンハン
ごめん、怒っちゃって
スンチョル
スンチョル
いや、何も言わず行った俺も悪いから
ジョンハン
ジョンハン
僕が置くところないって言ったから、4本にしてくれたの?
スンチョル
スンチョル
違うよ
ジョンハン
ジョンハン
じゃあなんで?
スンチョル
スンチョル
それは




4本の薔薇の花言葉  

       「死ぬまでこの気持ちは変わりません」




スンチョル
スンチョル
ハニを思う気持ちは一生変わらないから
それを伝えたくてこの本数にしたんだ
ジョンハン
ジョンハン
スンチョラ〜((抱着
スンチョル
スンチョル
ハニ、愛してる
ジョンハン
ジョンハン
僕も愛してる




  

            赤薔薇
        「あなたを愛しています」








             完