無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

545
2021/05/28

第2話

赤薔薇



🚪カランカラン



午前8時

開店と共にお客様が来店された
店員
店員
いらっしゃいませ
スンチョル
スンチョル
すいません
プレゼント用の花束が欲しいのですが
店員
店員
かしこまりました
どのお花にされますか?



お客様は少し黙り込み



スンチョル
スンチョル
恋人との記念日に渡したいんですけど
僕、こういうのに疎くて…
一緒に選んで貰えますか?


少し照れ臭そうにへへっと微笑んだ


店員
店員
素敵ですね!
スンチョル
スンチョル
最初は薔薇をあげようと思って居たんですけど
家にそんな置くところないよ〜って言われてしまって
店員
店員
ちなみに、何本のご予定だったんですか?
スンチョル
スンチョル
100本ですㅎㅎ
たしかに多すぎますよね
店員
店員
時々買って行かれるお客様いらっしゃいますよ
でもどうして100本に?
スンチョル
スンチョル
友達から100本で「100%の愛」って意味だって聞いてたんで
店員
店員
なるほど…
お客様は他の本数にも意味が隠されているの知っておられますか?
スンチョル
スンチョル
いえ、知らないです
店員
店員
1本だと「一目惚れ」
2本だと「この世界は2人だけ」
3本だと………
















.
スンチョル
スンチョル
ありがとうございました‼︎
店員
店員
いえいえ、記念日楽しんでくださいね
スンチョル
スンチョル
はい!


お客様は足早に店を出て行かれると


るんるんと効果音がつきそうな足取りで帰って行かれた


朝一こんな素敵なプレゼントのお手伝いができるなんて


私まで幸せな気分になれた