無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
107
2020/08/29

第1話

入学式
あなた
あなた
ふぁぁ〜もう朝かぁ
朝ご飯を食べて、歯磨きをして、カバンをもって外へ出た
あなた
あなた
(眠)
学校までは徒歩5分の距離で意外と近い
それでここ白鳥沢に入学したいなと思った。
中学の頃の友達は多分いない。
まずはクラスを見て教室へ行く。そこから体育館へ行って入学式がある。
あなた
あなた
クラスは…
あなた
あなた
4組か…
ドンッ
???
あっすみません!
あなた
あなた
あっ!すみません!
クラスに行こうとしたら誰かにぶつかり名前を聞くのを忘れた。
あなた
あなた
あの…ってもういないし!
教室
あなた
あなた
隣誰だろ…
???
よろしくお願いしま…!!!!
あなた
あなた
あぁっ!あの時の!
あなた
あなた
えっとお名前は?
五色工
五色工
五色工です!よろしくお願いします!
あなた
あなた
加藤あなたです!よろしくお願いします!
五色工
五色工
タメでいいですよ!
あなた
あなた
分かり…わかった!
五色工
五色工
あなたはなんの部活にはいるの?
あなた
あなた
まだ何も決めてない〜
五色工
五色工
じゃあバレー部のマネージャーしてよー
あなた
あなた
ん〜いいよー!
五色工
五色工
\(๑´ω`๑)/
あなた
あなた
/////
五色工
五色工
あなた
あなた
何でもない!
━━━━━━━━━━━━━━━
ごめんなさい変なところで切りました。
続きは明日だそうかなとおもっています。