無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

Episode 2
【お母さん】あなた〜、そろそろ起きなさーい!
○○
んん、はーい、、、
目を覚ますと
となりに、、、
○○
えーーーーーーーーーーーーーーーー!!
○○
な、な、な、な、な、なんで?!
マリside
な、な、な、なんで??
なんで、詠斗君が私の横で寝てるの?
待って、、これ、夢だよ!そうそう!夢夢!
○○
(自分の頬をつねる)痛っ!
小西詠斗
んん、(伸びをする)あれ?
小西詠斗
ここどこ?
小西詠斗
あの、、、、誰?ですか?
○○
えーと、、、マ、あなた、、、、
小西詠斗
で、なんで俺はここにいるの?
○○
ワ、ワ、ワ、ワ、╮( •́ω•̀ )╭ワカンナイ~
小西詠斗
まあ、いいや、、、ていうか、なんか、頬っぺ赤いよ?大丈夫??もしかしてつねった?
詠斗があなたの頬を触る
○○
(顔を赤くする)だ、だ、だ、だ、だ、大丈夫です!!
小西詠斗
笑笑笑顔真っ赤
小西詠斗
そうだ!俺の名前言ってなかったね!
○○
小西詠斗君ですよね?
小西詠斗
えっ、なんで知ってんの?あっ、もしかしてオオカミくん見てる?
○○
(*꒪꒫꒪)(  ._.)(*꒪꒫꒪)(  ._.)
小西詠斗
ありがとう!嬉しい!
○○
い、いえ、、、あ、あの、、、お仕事大丈夫なんですか?
小西詠斗
えっ、今何時?
○○
8時
小西詠斗
ヤバっ!行かないと!
部屋を出ようとするが出れない!
小西詠斗
痛っ!
○○
大丈夫ですか?!(近づく)
小西詠斗
ああ、うん、、、大丈夫、、、、
○○
あっ、ごめんなさい!!
小西詠斗
いや、、別に、大丈夫だけど、、、それより出れないんだけど、、、
○○
へっ??(あなたが試してみる)
○○
出れますよ!
小西詠斗
嘘!どれ、もう1回
小西詠斗
うっ、やっぱり出れないや
【お母さん】あなた〜、いつまで寝てんの?早く起きないと遅刻するわよ!
○○
はっ!お母さんだ!
【お母さん】入るわよ〜
あなたは詠斗を隠すように前に立つ
【お母さん】あら、起きてるじゃない、、なにしてんの?
○○
えっ、見えないの?
【お母さん】何が?
○○
男の子
【お母さん】もう、何寝ぼけてんの、、早く朝ごはん食べてちょうだい!
○○
は、はい、、、
小西詠斗
お母さんには僕のこと見えないみたいだね、
○○
どうなってんの?
小西詠斗
学校大丈夫??
○○
へっ?あっ、ほんとだ!
○○
ヤバいヤバい!
小西詠斗
笑笑笑面白いね
○○
もう!笑わないで!
小西詠斗
笑笑ごめんごめん笑笑笑
○○
笑いすぎ!笑笑
小西詠斗
あなただって笑ってんじゃん!笑笑笑
○○
えっ、、、、、
○○
今、、あなたって!あなたって言った?!
小西詠斗
う、う、ん、、、ダメだった?
○○
ううん、、、嬉しい!大好き!
小西詠斗
えっ、大好きって!何言ってんの!!
○○
じゃあ行ってきマース!
小西詠斗
えっ、ちょっ!
こんにちは!作者です!!
どうだったでしょうか!
今回はここまでにしたいと思いまーす!
それではまた!