無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

584
2021/04/27

第6話

6話
ぷるるるるる
れん
れん
ほんまどこやねん、。






やっぱ一人で帰らせなきゃ良かったなあとか




















俺がいたらな、










とか

















俺のせいだ、、












とか















マイナスなことしか出てこうへん

















ガチャッ





れん
れん
あなた!?
走って玄関に出る
わたし
わたし
んぅ…
だいご(お兄ちゃん)
だいご(お兄ちゃん)
れんー?
れん
れん
なんで???















まって、整理しよか






















あれ?誘拐じゃない?






















だいご(お兄ちゃん)
だいご(お兄ちゃん)
俺の泊まってたホテル来てん。
れん
れん
なんで?
だいご(お兄ちゃん)
だいご(お兄ちゃん)
帰りたくないって
れん
れん
どういうことや
わたし
わたし
zzz
わたし
わたし
んあっ、
だいご(お兄ちゃん)
だいご(お兄ちゃん)
最近廉の愛感じてなかったんやって
だいご(お兄ちゃん)
だいご(お兄ちゃん)
やから帰らんかったら心配してくれるかなって思ったらしいで
わたし
わたし
だめ、いかないで、、、zz









あなたの頬につたる1粒の涙

























俺は安心させることも出来んかったんか















だいご(お兄ちゃん)
だいご(お兄ちゃん)
よう相談あったで。
私が廉の彼女でいいんかなって
わたし
わたし
んっ、、
れん
れん
あほ、あほ、






頬に零れる暖かい1粒の雫






だいご(お兄ちゃん)
だいご(お兄ちゃん)
じゃあ俺戻っていい?
れん
れん
ごめんな、ありがとう、。







こうしてあなたは廉の腕へと渡された









れん
れん
あほ、。
わたし
わたし
んっ、、、
わたし
わたし
れん、?
わたし
わたし
なんで、?
わたし
わたし
なんで私、今廉の腕にいるの?
なんで泣いてるの、?
れん
れん
ごめん、ごめん、
れん
れん
ごめんな、。
わたし
わたし
え、?
れん
れん
彼氏として安心もさせられなかった、。
ほんまにごめん、。
わたし
わたし
にいにから聞いたの、、?
れん
れん
うん、ごめんな
わたし
わたし
謝らないで、?
私がわがままなだけやし、!
わたし
わたし
廉、お仕事忙しいのに、。
なのに彼氏としての廉をずっと考えちゃってて、。
でも廉、今大事な時期だからそんなのわがままだなって、。
れん
れん
ごめん、
最近忙しくて精神的にも辛くて構ってあげられんかったよな、、
ほんまにごめん、
彼氏失格やな、、笑
わたし
わたし
なんでそういうこというの!
わたし
わたし
廉は私が辛い時そばに寄り添ってくれてて私をちゃんと理解してくれてて優しくて面白くてかっこよくてそんな廉が好きで好きで、
だから毎日頑張れてるのに、。
彼氏失格とかいわないで?
わたし
わたし
私ももうわがまま言わないから、
だから、だから彼氏失格なんて言わないで?
れん
れん
わかった、わかった
れん
れん
ごめんな、?





そう言って腕を広げる















仲直りのハグ、













いや、愛のハグ












わたし
わたし
(ぎゅっ
れん
れん
ごめんな、、
わたし
わたし
もうごめんもだめ。
わたし
わたし
ねえ?れん?
れん
れん
ん?
わたし
わたし
すき
わたし
わたし
だいすき
わたし
わたし
愛してる
れん
れん
おれも
れん
れん
愛してる
わたし
わたし
れんっ?
れん
れん
ん?
わたし
わたし
、、なんでもない、!
れん
れん
何?言って?
わたし
わたし
ちゅーは、?














一瞬重なり合った唇



























神様、。





















俺多分いま世界一幸せやわ