第7話

🏐
2,664
2022/08/01 03:23











私は今、バレー部が居る体育館の扉の前にいる



扉は開いていて

若利が先に入ってみんなを集めている






とりあえず私は
皆から見えないように隠れて、呼ばれるのを待つ












ドクドクと鳴り止まない鼓動





ジャージの上から胸を押さえる

このままじゃ心臓が弾けそう
ヤバいやっぱ帰ってもいいかな





いやでもそんなことしたら後が怖い





若利恨むぞクソが



帰ったら絶対タピオカ奢らせる









あなた
 ( どうしてこうなったクソが… ) 




そうだ、顔を出来るだけ見られないようにしないと



ポケットに忍ばせておいた持ち運びに便利なサイズの鏡を取り出して



伸ばしきった前髪を目元に寄せる







いかにも漫画にいる陰キャ女子って感じ
















牛島若利
入れ、あなた



そうこうしているうちに
ついに名前を呼ばれ、鼓動がさらに早まる











あなた
はい










恐る恐る体育館内に入る




目の前には背の高い男子が興味津々で私を見る

視線が痛すぎる










あなた
この度男子バレー部のマネージャーになりました
あなた
あなたと言います…。分からないことだらけ
ですがよろしくお願いします……










大丈夫かな 日本語あってるかな


噛んでないかな ちゃんと伝わったかな















ヤバいもう十分でしょ帰りたい時間よ

はよ進め












天童覚
新しいマネージャーちゃんだ!
よろしくネ〜。俺3年の天童覚ダヨ
五色工
俺は1年の五色工、よろしく
白布賢二郎
白布賢二郎、2年。牛島さんの邪魔だけはすんなよ
瀬見英太
俺は3年の瀬見英太、なんかあったら気軽に聞けよ
大平獅音
3年生の大平獅音だ、これからよろしくな
川西太一
2年の川西太一、よろしく
山形隼人
3年 山形隼人だ、よろしくな














うっわ…… 予想通りみんな背たっか





何食ったらそうなるんだろ















ていうか今の中に

若利の邪魔したら殺すぞとか言っている人いなかった??((















NEXT⇀

プリ小説オーディオドラマ