無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

苺色の毎日
前のチャプターへ戻る

第9話

照れ屋くん
ころんside━━━━━━━━━━━━━━━
あなた
どーする?
ころんくん一回家帰る?
あなた
私着替えたいんだけど…
まじであなた可愛いんだけど
ころん
んー。
どーしよ…
あなた
ころんくんの家ってどこ?
ころん
この町で1番高いマンションの15階
一人暮らしなんだけどね
あなた
え!
私も同じマンション!!
あなた
私も15階!!
いや嬉しい、嬉しすぎる…
ころん
へー
あぁ…なんで僕はこんな素っ気ない返し方しか
出来ないんだろ…
あなた
じゃぁ一緒に家帰ろ!
ころん
ん!
あなたside━━━━━━━━━━━━━━━
ころん
ん!
今私はころんくんと一緒に帰っている
実は私ところんくんマンション同じだったんだー!
その時…
ころん
これ…も…ろーな…///
ころんくんがすっごい照れながら言った

いや聞こえねーよ!
あなた
え?
ころん
だから…!
これか…ろーな!!
あなた
分かんないよ笑
ころん
もぉ!
ころんくんはますます顔を赤らめた
ころん
こ!れ!か!ら!も!
いっ!しょ!に!
か!え!ろ!ーな!!!!
ころん
って言ったの!!!
可愛いなぁ…
あなた
どーしよっかなー笑
からかってみる
ころん
(゚ロ゚)
あ。固まった
あなた
冗談だよ笑
一緒に帰ろ〜!
ころんくん可愛いなぁ…
ころん
おぅ




帰って着替えた
⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎

あなたの洋服
(さとみくんからもらったものです)
あなた
ころんくん!
お待たせ〜!
ころん
ほんとお前おso((
ころんくんは振り返った瞬間フリーズした
あなた
ころんくん!!??
ころん
…///
ころん
そ、そろそろいこーぜ
あなた
うん!
ころんside━━━━━━━━━━━━━━━
やばいやばいやばい
僕の前を歩いてるあなたが可愛いすぎるんだけど!
ころん
あなたななもり先輩の家行ったことあんの?
あなた
ないない笑
ちょっと安心する

まぁあの人はあなたを好きとかないだろうけど


そんなことを考えながらしばらく歩いていると
あなたが立ち止まった
ころん
どーした?
聞いてみると
あなた
ここみたいだね
頭上を見ると豪邸があった
まじ…かよ
なんかすげぇんだけど
あなた
よし!ぴんぽんしよう!
あなたside━━━━━━━━━━━━━━━
私がインターフォンを押そうとした
その時
ころん
待って!!
ギュッ
ころんくんが私の手を握った
あなた
え?
????
ころん
あ…ごめん
ころん
なんでもない
どうしたんだろ…
ま。いっか
ぴんぽーん
ななもり
はーい
ななもり
どーぞ!
ガチャ
あなた
よし、行こっか
ころん
うん…
━━━━━━━━━━━━━━━
ななもり
ふーん…
ななもり
ころんってあなたちゃんのこと
好きなんだ…
ななもり
んじゃぁ好敵手ライバル…かもね



━━━━━━━━━━━━━━━
作者
スクロールお疲れ様でした!
作者
今回初めて挿絵を使ってみました!
作者
次の話もよろしくお願いします!
全員
おつぷり!
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡