無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🔪
(なまえ)
あなた
ん?w  どうした、どうしたどうした。
(なまえ)
あなた
おんくん、もしかして…
(なまえ)
あなた
"葉っぱ"やってる?
ヒョンウォン
ヒョンウォン
やってねぇわ!
(なまえ)
あなた
え、、本当に?
(なまえ)
あなた
心配だわ……
(なまえ)
あなた
…………
(なまえ)
あなた
クラブ行った⁉️
ヒョンウォン
ヒョンウォン
行くわけないわw
(なまえ)
あなた
嘘だ、なんか貰って食べたでしょ
それか…飲んだ?
ヒョンウォン
ヒョンウォン
食べてないし、飲んでないww
(なまえ)
あなた
なんでちょっと笑ってんの…?
(なまえ)
あなた
怖いんですけど、、
ヒョンウォン
ヒョンウォン
いやw… ちょっと面白くてwww
(なまえ)
あなた
いやいやいや、何言ってんの❓
ヒョンウォン
ヒョンウォン
その必死になってるとこww
(なまえ)
あなた
はい?
ヒョンウォン
ヒョンウォン
ほんとおもしろいwww
(なまえ)
あなた
ねぇ、マジで怖くなってきた
ヒョンウォン
ヒョンウォン
大丈夫。
(なまえ)
あなた
どこが、
ヒョンウォン
ヒョンウォン
俺は至って通常で、真剣に話してる
(なまえ)
あなた
..信じろと?
ヒョンウォン
ヒョンウォン
その辺の奴の死体でも持ってこようか?
(なまえ)
あなた
どうゆうセリフ❓
(なまえ)
あなた
ね、ね、病院行かない❓
(なまえ)
あなた
それか一緒に死n
ヒョンウォン
ヒョンウォン
落ち着けって
(なまえ)
あなた
ムリ、非常にムリ、
私が知ってるヒョンウォンじゃないもん
憎たらしくも優しいのがヒョンウォンで
ぼーーーっとしてて何も考えてない様に見えてちゃんと考えてたり、
考えてなかったり…
ヒョンウォン
ヒョンウォン
息して喋って、ミニョクが伝染ってる
しかも それ悪口。
(なまえ)
あなた
ヒョンウォンよりほぼ一緒にいるから…
ヒョンウォン
ヒョンウォン
なんか悲しい
(なまえ)
あなた
あんたといるより楽しいよ
ヒョンウォン
ヒョンウォン
殺していい?w
(なまえ)
あなた
なんでやめてこわいやめてほんと
(なまえ)
あなた
え、本気じゃないよね
ヒョンウォン
ヒョンウォン
どうだろねww
ヒョンウォン
ヒョンウォン
まぁ、そゆことだから
(なまえ)
あなた
頭がパニック…..
ヒョンウォン
ヒョンウォン
てことは、"信じた"って?
(なまえ)
あなた
よっ、ようすを見て..
ヒョンウォン
ヒョンウォン
どんな様子だよw
(なまえ)
あなた
"葉っぱ"とか"薬"ならゆっくり辞めてさ
ヒョンウォン
ヒョンウォン
だから、やってないってw
(なまえ)
あなた
そんなの分かんないでしょ!
変な事言うんだもん
ヒョンウォン
ヒョンウォン
うん、変だよ
ヒョンウォン
ヒョンウォン
変だけど、これが事実なの
そう言った眼は、灯りが消えかけていて
とても冗談を言ってるようには思えなくて怖かった






ヒョンウォン
ヒョンウォン
でも、…
ヒョンウォン
ヒョンウォン
お前だから、、
ヒョンウォン
ヒョンウォン
話せるし、相談もできるの
あなただから