無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第1話

🍤
何も知らない訳じゃない。

ただ、その理由を知らないだけ____________________





いや、、聞けないだけ。


ただただ、自分の中で 聞いてはダメな内容な気がして
でも、いつかは聞いてみたくて

そう簡単に言っても
答えてはくれないのは100も承知した



昔と変わってしまった_____________________


微かに聴こえる この声
そうそう….こうゆう所は何も変わらないね、
優しく私を呼ぶ
(なまえ)
あなた
大好きな声…………
ヒョンウォン
ヒョンウォン
へぇ⤴︎…??
(なまえ)
あなた
何その声、どっから出てんの
ヒョンウォン
ヒョンウォン
何考えてたわけ?
(なまえ)
あなた
ヒョンウォンのこと
ヒョンウォン
ヒョンウォン
キモッ
(なまえ)
あなた
うん、私も思った
ヒョンウォン
ヒョンウォン
とか言いながら、お前のこと探してた
(なまえ)
あなた
同類w
ヒョンウォン
ヒョンウォン
ここ座って食べていい?
(なまえ)
あなた
お好きにどうぞ~
(なまえ)
あなた
その代わり、
可愛い可愛い大学生の女の子達が
寄り付きませんがよろしいでしょうか?
ヒョンウォン
ヒョンウォン
じゃあ、
俺にとってお前はバリアゾーンだな
ミニョク
ミニョク
って事は俺はお前と結婚するしかないな
ジュホン
ジュホン
"ムリ"  www
ミニョク
ミニョク
ヤメテwwww
お腹痛いっwwwwwww
ジュホン
ジュホン
何なの毎日wwwww
(なまえ)
あなた
昨日も今日も毎日愉快で楽しいわ、
ジュホン
ジュホン
ねぇ、僕も楽しいwwwwww
ホントにwwww
(なまえ)
あなた
こんなに平和でいいねw
ミニョク
ミニョク
いやw、それな?www




ヒョンウォンが来る前から隣に座っていた
ジュホン先輩とその前に座っているミニョク先輩とは

先輩だけど歳を忘れて遊べる良い先輩達、


すごく好きな先輩達



だけど………

ミニョク先輩の彼女さんからよく嫉妬される
ミニョク先輩は、私の兄からよく嫉妬される
ジュホン
ジュホン
エビフライ半分ちょうだい
(なまえ)
あなた
半分ってw  1個でいいでしょww
ヒョンウォン
ヒョンウォン
俺も2個ちょうだい
(なまえ)
あなた
私のがなくなるからダメ
ヒョンウォン
ヒョンウォン
エビさん…
ミニョク
ミニョク
1個残ってるよね?ww


ずっとこうしてみんな一緒にいたい、

きっと、私だけが知ってるんだ
だから変わらず、変わるまで