無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🔪
ー🐢sideー
あぁ、ミニョク、ここは歩道ってしらないのか?
人気(ひとけ)は全くでも もし人に見られていたらどうする気だ




ヒョンウォン
ヒョンウォン
おい…
ミニョク
ミニョク
っ、分かってるよ
ヒョンウォン
ヒョンウォン
どうすんの
ミニョク
ミニョク
車、
ヒョンウォン
ヒョンウォン
は?
ミニョク
ミニョク
僕が何かすると思って
車から見張ってたんじゃないの?
ヒョンウォン
ヒョンウォン
分かっててあなたをさぐったんだ
ミニョク
ミニョク
その癖治せないもん
ヒョンウォン
ヒョンウォン
努力ぐらいしろよ
ミニョク
ミニョク
とりあえず、車!
ヒョンウォン
ヒョンウォン
はぁ、お前ってゆう犬は……
仕方がない、2人を止めなかった自分にも罪がある
軽く溜息をはきながら乗り込み、2人の前に車を停め
ヒョンウォン
ヒョンウォン
はい、自分で乗せてやれよ~
そう窓から言い捨てると
まるで、キヒョンの様に小言を放ちながらも結局は
ミニョク
ミニョク
あっ、僕がやったんだ、そうだ
と、納得しながら助手席に優しく乗り込ませた
そのミニョクは普段のミニョ犬で、
犬が乗り込み、シートベルトを付けたのを確認すれば
アクセルを踏み車を進ませた


ミニョク
ミニョク
そーだ、仕事聞いてきたの?
ヒョンウォン
ヒョンウォン
聞いてきた
ミニョク
ミニョク
あったの?
ヒョンウォン
ヒョンウォン
残しててくれたみたい
ヒョンウォン
ヒョンウォン
…さっきの薬品は、?
ミニョク
ミニョク
布はジエチルエーテル漬けの物
ミニョク
ミニョク
注射の方はプロポフォール
ヒョンウォン
ヒョンウォン
は?
ミニョク
ミニョク
あっ、大丈夫だよ?
ヒョンウォン
ヒョンウォン
今すg
ミニョク
ミニョク
だいじょーぶっ!
ミニョク
ミニョク
ヒョンから睡眠用で貰ったから!
ヒョンウォン
ヒョンウォン
あなたが目を覚まさなかったら真っ先n
ミニョク
ミニョク
いーよ、ころしなーww
ミニョク
ミニョク
あ、量にもよるけど今まで使ってきて
分かった事だけど
5時間ぐらいで目が覚めるよ
ヒョンウォン
ヒョンウォン
😒
ミニョク
ミニョク
ヒョンに電話する?
ヒョンウォン
ヒョンウォン
い〜いっ
ヒョンウォン
ヒョンウォン
責任取らせるもん!
ミニョク
ミニョク
キャラ変えたの?…







ー🐶🏡ー
ミニョク
ミニョク
ねぇ、ちゃんと食べてる??
なんのアレもなく、隣りでコーヒーを飲んでいた
ミニョクが急に丸い目で話しかけてきた
ヒョンウォン
ヒョンウォン
え俺?
ミニョク
ミニョク
んーー、どっちも
ヒョンウォン
ヒョンウォン
俺はまぁ、、うん。
ミニョク
ミニョク
ジュホンのお母さんも心配してるよ?w
ヒョンウォン
ヒョンウォン
あなたにも食べろって言われた
ミニョク
ミニョク
で、あなたは食べてるの?
ヒョンウォン
ヒョンウォン
ミニョガの方が最近みてたでしょ?
ミニョク
ミニョク
うん、昼食ぐらいはね?
ミニョク
ミニョク
さっき運んだ時 軽かったんだよ



多分ミニョクは

「ショックで食べれていない」

こう言いたいんだろう。
講義室に入った時のジュホンとの会話が過ぎった

ジュホン
ジュホン
ねー、ダイエットした??
(なまえ)
あなた
へ?w
ジュホン
ジュホン
痩せたでしょ?
(なまえ)
あなた
あ、、ホント?
ジュホン
ジュホン
すんごい急に痩せた
ジュホン
ジュホン
....十分綺麗なんだからちゃんと食べな?
(なまえ)
あなた
あ〜、もうジュホンって優しい
ジュホン
ジュホン
いや、マジ十分綺麗だから。
お願いだから食べて!
ジュホン
ジュホン
あ!、また今度食べに行こうよ❗️
奢ってあげる😊
(なまえ)
あなた
よっしゃー❗️ 
それなら食べまくってやる🤪
ジュホン
ジュホン
じゃあ、約束✨
(なまえ)
あなた
やくそく〜😁


久しぶりに講義室に向かったけど
すぐ、その楽しそうに話している姿をみて
講義室をなんとなく______________




気分的に後にしたんだっけ?

いや、後にしたかったんだ。





それで 置いておいた仕事に考えを向けたけど
こうゆう気持ちは何故か頭から離れない

それを避けても 表せれる事がない複雑で
命の終止符を打つ瞬間 感情にも打ったのに未だ苦しい

この感情は初めてで、、、











あ、、違う





あなたとの関係ってなんだ…?