無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

395
2022/01/09

第53話

52
あなた「ブラッククローバーのopになったのー!キャー!めちゃくちゃ嬉しい」


照「……ね、キスしていい?」


あなた「だめ。キスしたらもっとしたくなるでしょ」



照「はぁ……マジ地獄だわ…」



あなた「だからって風俗とか行ったらだめだよ」


照「わかってるし…はぁ…寺にこもるしかないかも」







佐「あなた、照の様子どう?」


あなた「禁欲生活でイライラしてるけど、その分めちゃくちゃトレーニングしてるみたい」


深「禁欲生活??」



あなた「復帰するまで、えっちしないって言ったの」



全員「うわー……」



あなた「さ、練習練習!」



滝沢歌舞伎の練習も照は参加させてもらえず、
部屋の隅で他の人の練習を見てるだけだった



翔「…照の仔犬みたいな目が突き刺さるんだけどw」



あなた「気にしない気にしない!練習あるのみ!」



翔「そうだけどさ…」



あなた「本人も言ってたでしょ?ちっちゃい声で、俺のことは気にしないでってw」



翔「…たしかに…」



あなた「私たちは照が戻る場所を維持するしかないの。…だから、がんばろ?」



翔「…だな、よしやるか」


あなた「翔太はとりあえず腹筋太鼓の前に腹筋割らなきゃね✨」



翔「失礼な!割れてるわ!」







(あなたー、副社長が帰り事務所に来てって)



あなた「はーい」



佐「事務所??なんかしたの?」



あなた「や?身に覚えないけどw」









あなた「失礼します…」



滝沢「お疲れ様、久しぶりだなあなた」



あなた「お久しぶりですwあのー私何かしました??」



滝沢「あー違うw照はどう?腐らずにやってる?」



あなた「あ、はい!今日もうちらの練習見学してました。捨てられた仔犬みたいな目でw」



滝沢「へーそれは見たかったなw」



あなた「…あのーお話って…」



滝沢「照を復帰させようと思う。来月の頭に公表しようかと思うんだけど、あなたはどう思う?」


あなた「…正直、ちょっと早いかなと思います。でも、止まってるわけにはいかないから…」



滝沢「SnowManは今他のグループより1歩先に行けるかどうかの岐路にいる。1番大事な時だ。おまえが言う通り立ち止まってる暇はない。」



あなた「はい、わかってます」



滝沢「今後もグループを円滑に回すための重要な役割はやっぱりあなたにしかお願いできないから、頑張れよ」



あなた「はい!」



滝沢「…明日、照に事務所に来るように言って」



あなた「分かりました、ありがとうございます…」



滝沢「しかし、まだ早いとかあなたは恋人にも厳しいねw」



あなた「はいwスパルタなんで」



滝沢「ま、その方が信頼できる。頑張れよあなた」



あなた「はい!!」