無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

374
2022/01/19

第56話

55
あなた「そろそろ整体マッサージ行きたーい」


佐「俺もー。今日いこ?」


あなた「いいね!いこいこー」


佐「予約しないとね!17時には終わるよね」



あなた「だね、カップル割にしよ!」




照「誰と誰がカップル割だって…??」



佐「あーいや、あなた、初回割の方が安いよ!これにしよ?」


あなた「そうだね!」






また別の日




蓮「あなた、今日この後暇?買い物行かない?」



あなた「うん、いいよー」



照「だめ。こいつは特にだめ」



あなた「別にメンバーだし、いいでしょ?w」



照「だめ。二人っきりで買い物とか、デートじゃん」



あなた「もー照めんどくさい、買い物くらいいいでしょ?」


照「……なら行けば?」



そう言って岩本くんはあなたから離れた

ちなみに俺はあなたと買い物行きたいから何もしないでおく

あなたはため息をついて俺に近寄ってきた


あなた「蓮、ごめんね…」


蓮「また今度にする?」


あなた「ん、ごめんね…おわびに何か奢るからw」



蓮「高級寿司にしよーかなーw」






またまた別の日



翔「あなた、この後飯いこ」



あなた「いいよー、翔太が誘ってくるとか珍しくない?w」



翔「…って思ったけど、やっぱいいw」



あなた「えーなんでよw」



翔「そーっと振り返って照の方見てみ?」



あなた「??何」



翔「いいから見て?すげー顔してるからw」



そう言われてゆっくり振り向いて照を見ると、
怖い顔で翔太を睨んでた


あなた「…なんかごめんw」



翔「いや、俺は睨まれて当然だしw多分本能で見抜いてるんだろ」


あなた「??何を?」



翔「…まだおまえを…
やっぱなんでもない」









あなた「照、帰ろ?」



照「…翔太とどっか行く約束してたんじゃねーの?」



あなた「…はぁ…その話もあるから、いこ?」



照「…ん…」





あなた「照は何がそんなに不安なの?」



照「……」



あなた「ヤキモチ妬いて、他の人と2人でどっか行くなとか言うじゃん…私が好きなのは照だよ?」



照「……分かってる、頭の中では
ただ行動が伴わないっつーか…」



あなた「……」



照「別にみんなってわけじゃない、康二とかラウールとかは許してるし…」



あなた「……照、好きだよ?心配しなくてもどこにも行かないから…ギュ」



照「……ギュ…」



あなた「…照…??」



照「…ん、…」



あなた「どうしたの?」



照「…こんな俺にそろそろ嫌気がさしてるかなって」



あなた「照がモチやくのはいつもじゃんw」



照「……ごめんね心狭くて」



あなた「…ギュ……さ、帰ろ?」



照「よし、行こ」