無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

425
2022/01/08

第51話

50
あなたが中学に上がる頃(10年以上前)の話





あなた「ひーくん、何であの人こっち睨んでるの??」


照「あいつ…深澤ってやつで、まー悪いやつじゃないから気にすんなよ」



あなた「知ってる人??」



照「まー何回かバックで一緒になったことあるし」



あなた「大介ー、あの人睨んでるの」



佐「あーwそう見えるだけで悪いやつじゃないから大丈夫だよ」



あなた「ふーん、そっか」



ふっかの第一印象は正直悪かった。
だってちょっと離れたとこから睨んでくるんだもん

レッスンの時も離れたとこからじーっと見てるだけで
話しかけるでもなく、ただじーっと見てくるから
キモイやつだくらいにしか思って無かった



Mis Snowmanで同じグループのメンバーになった時は正直やだった

相変わらずじーっと見てくるから避けて、
大介や照とばかり一緒にいた



亀梨「あなたのお尻、触って楽しいんすか?先生」



(な、何言ってるんだよ。触ってないから)



あなた「……」



亀梨「…今度やったら、報告しますから。写真付きで」








あなた「和也くん、ありがとう…」



亀梨「あなた、嫌ならちゃんと言わないとずっとされるよ?」


あなた「ごめんなさい……」



亀梨「…ま、セクハラに気づいたのは俺じゃないけど」



あなた「え?…」



亀梨「深澤が何度か言ったらしいんだけど、相手にされなかったみたいでさ…俺にいいに来たの。ちゃんと礼言っとけよ?」



あなた「……うん、わかった…」







驚いた。
だって私、キモイやつって態度に出てたと思うし
まさか助けてくれてたなんて





あなた「深澤くん、ちょっといい?」



深「…ん?あ…うん」



あなた「……ありがとうございました」



深「??何が?w」



あなた「先生のこと、さっき亀梨くんがビシッと言ってくれて…多分もうないと思う」



深「そっか、よかったね…ちょっとホッとした」



あなた「…ごめんね、私やな感じだったでしょ?」



深「んー…ま、綺麗だから怖かったw」



あなた「…ありがとう、これからは仲良くしよ」



深「✨✨✨」



あなた「……やっぱうざ」



深「えー!ひどくない??さっきまで可愛かったのに」



あなた「はー…ほら戻ろ?」



深「はーい♡」