第67話

待ち合わせ
あなた「ケーキ持って、よし!


行ってきまーす!」



澤村「あ、もう行くのか?」



あなた「はい!」



菅原「気をつけろよ〜」



あなた「大丈夫ですよ〜」


ガチャ


菅原「……よし、あと着けるべ!」



澤村「はぁ?何言ってんだよ……」



菅原「だって!男だったらどうすんだよ!」



澤村「別に男だとしても問題ないだろ友達なんだから」



菅原「いや!あんなに可愛いんだぞ!?危険だ!」



澤村「えぇ……」



月島「(ガサゴソ)」



縁下「ん?月島何やってるんだ?」



月島「なにって、あと着けるんですよね?
その準備ですよ」


澤村「え!?月島が行くのか!?」



月島「何か問題でも?」



菅原「おぉ!ノリいいな!行くべ!」



澤村「ちょ、ちょっと待て!お前ら2人が行くなら俺も行く!」


縁下「俺も行きます」



菅原「いや!縁下は残ってくれ!」



縁下「……なんでですか?」



菅原「だって、そりゃ、縁下まで行ったら残ってるメンツを見ろよ!田中・西谷・影山・日向だぞっ!?何が起こるか……」



澤村「確かにそうだな、縁下頼めるか?」



縁下「……分かりました。」



月島「早く行きましょう。追いつけなくなります」


澤村「そうだな、行くか」

━━━━━━━━━━━━━━

~白鳥沢~

あなた「天童さんまだかな〜」


フワッ

突然視界が真っ暗になった……


あなた「うぇ!?な、なななに!?」



??「フフフ笑だ〜れだ??」


菅原「おい!あれ誰だよ!?男だぞ??
てか、ここ白鳥沢だよな?なんでここに……




澤村「ナンパか!?助けに行くぞ!



月島「ちょっと落ち着いてください…約束してる人かもしれないじゃないですか、(絶対バレたくないから騒がないでほしい……)



菅原「だとしたらもっとダメだ!!



あなた「え、天童さんですか……?」



天童「そーだよぉ!ごめんね変なことして!」



あなた「いえ!全然大丈夫です!
あ、髪下ろしてるんですね!」


天童「あぁ、うん、バレーやる時だけ前髪邪魔で上げてるだけだからねっ!」


あなた「上げてるのもかっこいいですけど、下ろしててもすごいかっこいいです!私は上げてる方が天童さんっぽくて好きですね!」


天童「そうかな??そんなこと言ってくれるのあなたちゃんくらいだよぉ〜」


あなた「はい!ニコ」



天童「…///」



菅原「おい!あいつ照れてるぞ!?



澤村「約束してる人っぽいな……



天童「じゃあ行こっか!

って言いたいところなんだけど、あの人たちなに?あなたちゃんの護衛とか??」


あなた「へ??」


天童さんが指さした方を見ると……


あなた「スガさんと大地さんと蛍くん!?
なんで!?」


菅原「……ばれたか!」


澤村「ごめんな、あなた……」


月島「…だから騒がないでって言ったのに、」


天童「さすがあなたちゃん、愛されてるねぇ、まぁ、今日は俺が約束してたからさっ!
邪魔しないでね〜」


あなた「ほんとに私は大丈夫ですから笑」



菅原「いや大丈夫じゃないよ!さ、俺達と一緒にかえrーーーー
澤村「そうだよな!じゃあ俺達帰るから楽しんでこいよ!」」



あなた「はい!」



澤村「…手出したらただじゃおかねぇ、((ボソッ」



天童「…おぉ、怖いねぇ〜
安心してよそんなつもりないから、帰りもちゃんと送ってくからさぁ〜

さ、行こっか!あなたちゃん!」



あなた「…?はい
気をつけて帰ってくださいね!!」


トコトコトコ


あなた「天童さん、さっき、大地さんに何言われたんですか?」



天童「ん〜?大したことじゃないよぉ、あなたちゃんをよろしくだってさ!」



あなた「みんな過保護なんですよね〜笑」



天童「まぁあなたちゃんだからね〜」



あなた「え!?どーいう意味ですか!」



天童「そのまんまの意味だよぉ〜?


あ、着いた!ここ俺の部屋!」



あなた「うわぁ、広いんですね……」



天童「そうかなぁ?もうすぐみんな来るからさ!」


コンコン


天童「あ、来た!」


ガチャ


瀬見「お待たせ〜、お!あなたちゃんじゃん!来てくれたんだなぁ!」


あなた「瀬見さん!お久しぶりです!」



瀬見「おう!」



五色「…///(し、私服!かわいい…)」



あなた「五色くんも!!」



五色「(ボーッ)」



あなた「五色くん??」



五色「ひ、ひゃい!!…///」



天童「プックク笑ひ、ひゃいって、笑」



五色「天童さんっ!笑わないでください!」



あなた「フフッ笑久しぶりだね〜」



五色「そ、ですね!」



あなた「これだけですか??若利くんとか…」



天童「来るよ〜
あ、この前いなかった人達もいるからね〜」


コンコン

瀬見「お、来たな!」


ガチャ

牛島「天童、みんな連れてきたぞ」



あなた「若利くん!」



??「え、この子誰!?」



??「若利、知り合いなのか?」



??「(…可愛い)」



天童「この子はね〜この前ロードワーク中に会った迷子のあなたちゃん!俺が誘ったんだ〜」



あなた「あの!初めまして!黒尾あなたといいます!今日は失礼してすみません💦」



??「おぅ!俺は山形隼人だ!」



あなた「(元気な人だな〜)」



??「俺は大平獅音。よろしくニコ」



あなた「(大地さんみたい!)」



??「川西太一、よろしく」



あなた「山形さん、大平さん、川西さん!
よろしくお願いします!ニコ」


山形・大平・川西「「「おう」」」



山形・川西「「(……かわいい)」」



大平「(いい子そうな子だな〜)」



天童「あ、そういえば、あなたちゃんケーキ持ってきてくれた〜?」



あなた「はい!どうぞ!喜んでくれるといいんですが……」


ゴソゴソ(ケーキ出す)


あなた「フルーツタルト作ってみました!」



瀬見「すげぇ、店で売ってるやつみてぇ…」



天童「想像以上だよぉ!やっぱりあなたちゃんに頼んでよかった!」


五色「す、すごい!おいしそう…」



あなた「ほんとですか!良かったですニコ」



牛島「あなたはお菓子作りも得意なんだな」



天童「よし!みんな揃ったし、太一!賢二郎呼んできて〜」


川西「分かりました〜」