第113話

塩キャラメル
あなたside

あなた「今日1日、青葉城西のマネージャーをすることになりました!烏野の黒尾あなたです!1年なので、敬語は大丈夫です!あなたって呼んでください!
よろしくお願いします!」




及川「よろしくね☆」



岩泉「あなたか!よろしくな!」



花巻「あなたー!久しぶりだな!」



ギュ



あなた「花巻さん…お久しぶりです!笑」



及川「あぁ!ちょっとまっきー!何どさくさに紛れて抱きついてんのさ!!」



ギュ



…及川さんも来るんですね、



花巻「おい!及川来んなよ!」



あなた「あの、ちょっと暑いです…」



ヒョイッ



あなた「え、」



??「大丈夫?」



あなた「松川さん!」



及川「あ、まっつん!あなたちゃん返してよ!」



岩泉「くそ川、いい加減にしろよ…」



松川「烏野の方見てみ?」



え…



烏野の方を見てみると、



澤村「(ジーッ)」



大地さんが怖い顔でこっちを見てた笑



岩泉「あなた、他の奴らにも自己紹介させるか?」



もうすぐ始まるだろうし…




あなた「いえ!大丈夫です!
みなさんの会話を聞いてれば分かると思うので!」



岩泉「そうか」


━━━━━━━━━━━━━━

(練習試合)


…やっぱり白鳥沢も青葉城西もチームとしてのレベルが高いな、



白鳥沢は、一人一人の技術が高くて、



青葉城西は、チーム力がすごい…



ピーーーーーッ



休憩か、



あなた「お疲れ様です!」



(タオルとドリンクを渡していく)



あの子は、確か…



あなた「国見さん…?」



??「(ビクッ)」



あなた「あ、違いましたか…?」



合ってると思ったんだけどな、



??「いや、合ってるけど、」



あなた「ほんとですか!良かったですニコ」



国見「…でも、俺も1年だから、さん付けと敬語やめて、」



同じ1年なんだ!



身長高くて、大人っぽい雰囲気だから、てっきり先輩かと…



あなた「分かった!!」



国見「…それで、なんかあったの?」



あ、そうだ!



あなた「あ、水分少ししかとってないみたいだったから、熱中症とか大丈夫かなって!
塩分補給とかした方がいいかも…って、塩キャラメルしか持ってないや、」




男の子だし、食べないよね…



国見「塩キャラメルあるの!?」



…え、え?



あなた「あ、うん、私が好きでよく食べるんだけど…」



目がキラキラしてる…



試合中よりも元気に見えるんだけど、



あなた「えーっと、塩キャラメル好き?」



国見「うん、好き!」



…かわいい!



あなた「よかったら食べる?」



国見「✨いいの?」



あなた「もちろん!熱中症気をつけてね!」



国見「ありがとう…



あなたニコ」



…今度はかっこいい、



及川「あぁ!何仲良くなってるのさ!!」



岩泉「1年どうしなんだから仲良くもなるだろ、お前は黙ってろ」


━━━━━━━━━━━━━━

(練習試合終了)


…お腹すいたぁ!



今回の合宿は食堂だからご飯作らなくてよくてちょっと気楽だな笑



及川「あなたちゃん!」



澤村「あなた!」



牛島「あなた」



「「「ご飯一緒に食べよ☆(るぞ)」」」



……。



実は仲良いんじゃないのこの3人、



及川「ちょっと!?今日はあなたちゃんは俺たちのなんだから!」



澤村「ふざけるなあなたはいつでも俺たちのだ。」



牛島「…何を言ってるんだ?あなたは俺のだぞ。」



(ギャーギャー)



岩泉「おい、何してんだ?」



あなた「あ、岩泉さん…
なんか、夜ご飯を一緒に食べるとかで揉めてて、」



岩泉「なんだそれ笑
時間かかりそうだし俺と食おうぜ」



あなた「いいんですか??」




岩泉「俺もあなたと食いたいしな!」




…なんなんだろ、バレー部って無自覚が多いのかな?




いちいち照れるようなことばっかり言ってくるから心臓もたないや、




あなた「はい!私も食べたいです!」




岩泉「よし!ならあいつらはおいて行くか!」