第53話

恋心
~帰り道~

及川「……。」



岩泉「……。」



及川「ねぇ、岩ちゃん、」



岩泉「…なんだ」



及川「俺ってかっこいいじゃん?」


ドコッ!


岩泉「殴られてぇのか?」



及川「もう殴ってるよっ!!!泣」



岩泉「それで?」



及川「え、この状況で聞き続けるの!?」



岩泉「話さねぇならいい」



及川「あーうそ!嘘です!聞いてください!」



岩泉「で?」



及川「俺の周りにいる女の子達さ、いい子なんだろうけど、どうせ俺の見た目しか見てないんだよね」



岩泉「お前のルックス以外に良いとこがあんのか?」


及川「もうっ!岩ちゃん!」



岩泉「…それで?」



及川「あなたちゃんとはさ、数回会っただけだし、お互いのことも全然知らない…」


岩泉「…あぁ、」



及川「でもさ、なんか、他の女の子とは違う気がするんだよねぇ……」



岩泉「で?お前はあなたが好きなのか?」



及川「わかんないよ…


でも、自分からもっと知りたいって思った女の子はあなたちゃんが初めてだなぁ、」


岩泉「…そうか」


及川「岩ちゃんは?」


岩泉「何がだ?」


及川「あなたちゃんのことどう思ってるの?」


岩泉「初めて会った時は、他のやつより少し可愛くて、どんくせぇやつだなって思った。」


及川「…うん」


岩泉「でも、次に練習試合で会った時、俺の名前を呼んでくれたあなたの顔がすごくキラキラして見えて、もっと話したい、この時間が終わってほしくないって思った。」


及川「…。」


岩泉「そんで、今日、お前からあなたが熱出して寝込んでるから見舞い行こって言われた時、気づいたら家を飛び出してた……これが恋っていうものなのかは分からん、俺はまだ恋したことないからな!!((ドヤ」


及川「岩ちゃん、そこドヤ顔するとこじゃないよ……!!」


岩泉「…でも、俺がもし恋をするとしたら、その相手はあいつ…あなたなんだろうなって思う。あいつと出会ってから初めて思うことばかりだからな!」



及川「初めて岩ちゃんと幼なじみで嫌だと思ったよ…(苦笑」


岩泉「あぁっ!?」


及川「…岩ちゃんがすごくいい男だってこと、誰よりも知ってるから……っ!



でも、俺は負けないよ」



岩泉「…俺もだ」



及川・岩泉「………。フッ笑」


及川「まぁ、あなたちゃんだし?俺ら以外にも好きだって言うやつはたくさんいると思うけど!」


岩泉「烏野のやつとかな、」


及川「ま、及川さんなりにガンガンアピールしてくだけだけどね!!」


岩泉「あいつが嫌がることはすんなよ」


及川「分かってるよ!!」


岩泉「次いつ会えるか分かんねぇし、
今はバレーに集中しろ」

及川「…うん

今年こそ、白鳥沢を倒して全国に行くんだ…」



岩泉「…おう」


━━━━━━━━━━━━━━

~あなたの部屋~

菅原「あなた…」


サワッ(ほっぺを触る)


あなた「…っん、ハァッ((汗」


菅原「汗すごいな、」


ガサガサ


(カバンからタオルを出して拭いてあげる)


あなた「…ケホッ」


菅原「…かわいい((ボソッ


(ねぇ、あなた…
俺、あなたの笑顔が好きだ。でも、他のやつにも同じように笑顔を向けてると思うと、モヤモヤするんだよ…
あなたの笑顔を独り占めしたい、俺のためだけに笑ってほしい…)」



あなた「んっ…」



菅原「ねぇ、あなた??こういう気持ちを恋って言うのかな……?((ボソッ」



菅原の顔がだんだんあなたに近づく…


バタンッ!!!!

澤村「…っ!おい!スガ!」



菅原「…ちぇっ、案外早かったな、((ボソッ」



縁下「何してたんですか?」



菅原「ん?別になにも、?
汗がすごかったから拭いてあげただけだよニコ」


澤村「…そうか、」



田中「…?(なんだこの雰囲気…)

あなたまだ目覚める感じないですし、とりあえず下行きます?」



菅原「…そうだな」