第60話

コーチ
~朝~
澤村「お前ら準備できたか?」


日向「ちょ、ちょっと待ってください〜💦」


影山「遅せぇんだよ、日向ボケェ!!!!」


あなた「まぁまぁ、笑」


澤村「学校に泊まるんだからな?忘れ物すんなよ」


日向「おっけーです!」


澤村「よし、行くか」


━━━━━━━━━━━━━━

あなた「スガさん…((ボソッ」


菅原「ん?あなたどした?」


あなた「昨日、どーやってベッド入ったか覚えてなくて、私、なにか迷惑とかかけてないですか?」


菅原「……え?あなた、昨日の夜のこと覚えてないの…?」


あなた「……え、え?な、何かしました?」


菅原「いや、覚えてないならいいんだ…」


あなた「な、ななな何ですか!?」


縁下「スガさん、あんまあなたをいじめないであげてください」


あなた「へ?いじめる?」


菅原「クスッ笑はいはーい笑

あなた、途中で寝ちゃったから俺がベッドまで運んだんだよ笑ごめんね、反応が面白くてつい、笑」


あなた「そ、そーゆうことですか…
ほんとにびっくりしました、笑
ありがとうございました!」


菅原「おう!ニコ」


━━━━━━━━━━━━━━
~体育館~

武田先生「みんな、ちょっといいかな?」


澤村「集合っ!」


武田先生「このGW合宿の最終日、練習試合をすることになりました!」


澤村「どことですか!?」


武田先生「東京の古豪、音駒高校」


あなた「げっ……」


日向「東京…っ!」


武田先生「それと、これからコーチをしてくださる烏養くんです。」


烏養コーチ「おす」


田中「コーチ!?え、でも坂ノ下の、」


烏養コーチ「あぁ、母方の店でな、手伝ってんだよ。」


武田先生「烏養くんは烏野高校の卒業生、いわば、みなさんの先輩ですね。」


烏養コーチ「俺がコーチをやるからにはビシバシ行くぞ!」


澤村「よろしくお願いします!」


全員「「「「「「「お願いしますっ!!」」」」」」」


━━━━━━━━━━━━━━

清水「あなたちゃん、そろそろお昼ご飯作ろっか」


あなた「はいっ!」



武田先生「あ、あなたさん!」



あなた「?どーしたんですか?」



武田先生「それが、最終日に練習試合をする音駒高校から、マネージャーの黒尾あなたを貸してほしいと言われまして…」



あなた「……は?」



清水「なんで、あなたちゃんのこと知ってるんですか?」



武田先生「僕もそう思いまして、理由を聞いてみたら、あなたさんに聞けば分かると…」



あなた「……ボー」



清水「あなたちゃん??」



あなた「…ハッ!!!

実は、音駒高校に兄がいまして…」



武田先生「なるほど、それで名指しですか…」



あなた「(え、え?なんで?私お兄ちゃんにバレー部のマネージャーやってること言った?言ってないよな?なんでバレた?)」



武田先生「それで、行ってもらえますかね?」



あなた「……はい、」



武田先生「これ、音駒高校の合宿所です。送っていきましょうか?」



あなた「いえ、まだお昼ですし、外も明るいので1人で行けます!」



清水「あなたちゃん…ごめんね??」



あなた「え、なんで潔子さんが謝るんですか!むしろ、迷惑かけてるのはこっちといいますか…ほんとすみません!


荷物まとめて行ってきます!」


━━━━━━━━━━━━━━

~食堂~

田中・西谷「潔子さんが作ってくれたお昼ご飯!!」


菅原「キョロキョロ……

なぁ。あなたいなくね?」


澤村「ほんとだな、」



月島「先輩、あなたどこにいるか知りません?」



澤村「ちょうど俺達もその話してたんだよ



武田先生!あの、あなたは?」



武田先生「あ、はい、あなたさんなんですが、音駒高校の合宿所に行きました。」




全員「「「「「「「「はぁっ!?」」」」」」」」



縁下「…え?ど、どういうことですか?」



日向「あなたが、いない……?は?」



影山「あなたあなたあなたあなた……」



月島「……。」



澤村「お前ら落ち着け!」



菅原「詳しく教えてもらえます?」



武田先生「音駒高校の監督からあなたさんをマネージャーとして貸してほしいと先程連絡がありまして、」



縁下「なんで音駒高校があなたのこと知ってるんですか?」



清水「あなたちゃんのお兄さんがいるんだって」


澤村「……なるほど、

え?1人で行ったんですか?」


武田先生「まだお昼で明るいから1人で大丈夫!って元気よく行きました。」



全員「「「「「「「……大丈夫かな、」」」」」」」