第95話

連行
あなたside

谷地「お風呂気持ちよかったね〜」



あなた「うん!」



もうお風呂も出たしあとは寝るだけか〜



ガシッ



あなた「は?」



??「行くぞ〜!」



ちょちょ、誰!?



あなた「誰です!?」



??「何言ってんだよ!?俺に決まってるだろ!?」



え、ほんとにわかんない…



赤葦「お風呂上がりだから分からないんですよ」



赤葦くんがいるってことは…




あなた「木兎さん…?」



木兎「おう!」



え、全然ちがう




あなた「下ろしてる方がかっこいいですね」



木兎「そ、そうか…///」



ん?なんで顔赤いんだろ…



あ、お風呂上がりか



??「お前何顔赤くしてんだよ!」



あなた「あ、お兄ちゃん」



木兎「え!黒尾は分かるのか!?」



あなた「一応お兄ちゃんなので笑」



黒尾「一応ってなんだよ!」



あなた「それで、なんの用ですか?」



仁花と部屋戻って寝たいんだけど…



木兎「あぁ!俺らの部屋行って遊ぶぞ!」



あなた「は?いやいや、遊ばないですよ!
もう寝るんです!」



黒尾「そんなこと言うなよ〜」




あなた「無理」




赤葦「あなた、お願い?」




…うっ、赤葦くんにお願いさせるのはずるい





あなた「わ、分かった…」




黒尾「なんで赤葦の言うことは聞くんだよ!」




あなた「だって赤葦くんだもん」




黒尾「理由になってない!泣」



うるさいな…



あなた「じゃ、仁花も行こ?」



谷地「へぁ!?わ、わわ私はいいです!!」



あなた「え!?なんで!」



仁花「私なんかがそんな…!!
あ、先輩達には言っとくから大丈夫!」



え、え?



木兎「んじゃ、行っくぞ〜!」



何ですぐに抱っこするの!



あなた「ちょ、下ろしてくださいよ!
仁花ぁーーーーー!!!」



スタスタスタ



私の叫びも虚しく部屋に連行されました




~烏野の部屋~



あれ?梟谷の部屋じゃないんだ?



あなた「梟谷じゃないんですか?」



赤葦「あなたは烏野だから、その方がいいでしょ?」



うぅ、神様だ!



あなた「うん!赤葦くんありがとう泣」



ガラッ



木兎「連れてきたぞ!」



??「あ、おい!なんで抱っこしてるんだ!」



この声は!



あなた「大地さん〜泣
助けてください…(ウルウル)」




澤村「ほら!早く返せ!」



木兎「うぁ!あなたー!」



やっと下りれた



あなた「大地さんありがとうございます!



なんでこんなに人いるんです?」



部屋には、烏野はもちろん、衛輔くんと研磨もいた。



菅原「人数多い方が楽しいだろ!」



まぁ、そーかもしれないけど…



あなた「研磨もいるなんて珍しいね!」




研磨「…あなたが来るって言ってたから」



あなた「研磨いてくれて嬉しいニコ」



研磨「…///」



あなた「研磨?顔赤いけど、大丈夫?」



ピタッ



あなた「んー、熱はないみたいだけど…」



グイッ



研磨のおでこを触ってたら誰かに引っ張られた



月島「…何してるの?」



あなた「蛍くん?どーしたの?」



月島「近いんだよ…」



あなた「え、なに??」



菅原「よ、よし!早く遊ぶぞ!」




なんて言ったんだろ…




あなた「何するんです?」




黒尾「そりゃーお前!」




木兎「王様ゲームだー!!!」




……。




あなた「大地さん、」




澤村「…すまん、」




あなた「帰っていいですか?」




夜久「え、あなた行かないでよ!?」




研磨「行っちゃダメ……」




あなた「衛輔くんと研磨はずるいよ…!」




はぁ、よしやるか、



黒尾「んじゃ、あなたは俺の隣な!」



澤村「俺に決まってるだろ」



木兎「俺!俺だよな!?」



あぁ、帰りたい……



黒尾「お兄ちゃんの俺だろ!?」



澤村「あなたはうちのなのでニコ」



木兎「俺!絶対に俺!」



赤葦「まぁまぁ、あなたに決めてもらいましょうよ」



え、私!?



あなた「私は、縁下先輩!隣いいですか?」



縁下「え、俺?」



1番優しそうだし…



縁下以外「「「「「「「(なんで縁下!?)」」」」」」」



縁下「なんで俺?(嬉しいけど…)」



あなた「優しいので!」



澤村「もう1人は?」



あ、そっか…



あなた「んー、じゃあ大地さんで!」



澤村「(よし!)」



黒尾「なんで!?お兄ちゃんは??」



木兎「(イジイジ…)」



あなた「烏野の人がいいの〜」



赤葦・研磨・夜久「「「(なんで俺烏野じゃないんだろ)」」」



澤村「やるか!」