第7話

音駒のバレー
~体育館~

キュキュッ!バンッ!



シュッ!





あなた「うわぁすごい…
どれだけ打っても決まらない…」





猫又監督「…バレーはな、強い攻撃ができれば勝つんじゃない、ボールを落とした方が負けるんだ。」





あなた「その教えでこのレシーブ力ですか。
すごいですね!ここまでレシーブが安定した
チーム見たことないです!」




直井コーチ「だろ!」





あなた「はい!特に衛輔くんはすごいキレイな姿勢でキレイなとこに返しますね。リベロですか??」




直井コーチ「よく分かったな!さすがだ。」





猫又監督「夜久は全国で見ても優れたリベロだと思っておる。」





あなた「はい…。これだけレシーブが安定したチームの中でも目立って見える衛輔くんのレシーブ力はすごいと思います。」





猫又監督・直井コーチ
「「(この子は選手としてはもちろんだが、マネージャーとしても優れているかもしれん…)」」




ピーーーーーッ!!


黒尾「休憩〜」



「「「「「うーっす」」」」」




あなた「お疲れ様でした!!
ドリンクとタオルです!」




夜久「あなたありがと〜!」



海「ありがとうニコ」



山本「あざっす!!」



福永「(☆´_ _)ペコリ」



研磨「…ありがと」




黒尾「ありがとな!」





音駒バレー部
「「「「「「…うまっ!!」」」」」」




あなた「え、?」





夜久「あなた!このドリンクめちゃうまい!
なにこれ!しかもタオルもふわっふわ!」




あなた「あ、ドリンクは一応みんなの好みをお兄ちゃんに聞いておいて、それに合わせて濃くしたり薄くしたりしておきました!ニコ!」





音駒バレー部
「「「「「「(天使か!!)」」」」」」





あなた「お口にあって良かったです!////
(そんなストレートに褒められたことないから照れちゃうよ…///)」




音駒バレー部
「「「「「「(え、照れてる??やばいかわい)」」」」」」




直井コーチ「お前らぁ!休憩終わりだ!
さっさと次の練習!!」




音駒バレー部
「「「「「「うっす!」」」」」」




バシッ!シュッ!キュキュッ!



パァン!!






あなた「(やっぱりバレー好きだなぁ…)」




猫又監督「フォッフォッ笑
いつもよりやる気があるように見えるなぁ」




直井コーチ「ですね!あなたがいるからですかね。笑」




猫又監督「そうだろうなぁ


チラッ(あなたの方を見る)」





あなた(真剣な目でみんなのバレーを見てる)




猫又監督「(いい目だ…今中学3年だったか…
来年、音駒のマネージャーに欲しいなぁ。)」





ピーーーーーッ!!



直井コーチ「今日はここまで!!」




音駒バレー部
「「「「「「お疲れ様でした!!」」」」」」




猫又監督「ストレッチしっかりな。」




音駒バレー部
「「「「「「はい!ありがとうございました!」」」」」」




あなた「みんなお疲れ様!!ニコ!」




音駒バレー部
「「「「「「お、おぅ…///」」」」」」




あなた「みんな顔赤いよ?大丈夫??
水分しっかりとってね!」




音駒バレー部
「「「「「「(あなたが可愛すぎるんだよ…!)」」」」」」





あなた「みんなすごいね!これといった目立つ攻撃があるわけじゃないけど、レシーブ力がすごくて、チーム全体がすごい安定してる!!私レシーブ苦手だから尊敬するなぁ!あとねあとね!」




黒尾「あなたそろそろやめてやれ笑
みんな死にそう笑」





夜久「あなた!お前ほんとに黒尾の妹なのか?騙されてるんじゃないか?」




あなた「え、一応妹なはずですけど…
どーなんでしょう?」




黒尾「うぉい!やっくん!なんてこと言うんだ!あなたはれっきとした俺の妹ですぅー!!ちゃんと血も繋がってますぅー!
あとあなた!そこは自信もって俺の妹だって言えー!!」





あなた「冗談だよお兄ちゃん笑」




海「ほら、そろそろ帰る準備しろよ〜」




音駒バレー部
「「「「「はーい」」」」」