第78話

息抜き
あなたside

もうすぐインターハイ予選がある…




みんな気合い入ってるなぁ〜




私もちゃんとマネージャーとして頑張らなきゃ!!




~休憩~

あなた「お疲れ様です!!」




清水「おつかれ、」




澤村「おう、サンキュ」




西谷「はぅぁ!き、潔子さんから、お、おつかれいただきましたぁ!」




清水「…」




西谷先輩、相変わらずだなぁ…笑




西谷「これでまた頑張れますっ!なぁ!龍!」




田中「………。」




月島「あ、田中さんならそこで倒れてます」




…え!?なんで倒れてるの!?




あなた「ちょ、田中先輩!?大丈夫ですか?
熱中症です!?」




菅原「あなたほっといていいぞ〜
どうせ清水だろ」



潔子さん……?





田中「お、おうあなた…
ちょっと、潔子さんの『おつかれ』が強烈過ぎたぜ…」




な、なるほど…?




あなた「あ、じゃあほっときますね」




田中「って、おい!?お前にまでほっとかれたら俺死ぬぞ!?」




はい?




澤村「何言ってんだお前…」




田中「だって、潔子さんからの塩対応を受けて、あなたに甘やかしてもらうのが一連の流れなんですっ!!ドヤ」




そ、そんなドヤ顔で語られても…




縁下・あなた「田中/田中先輩きもい(です)」



縁下先輩とハモった!!



縁下「お、あなたハモったなぁ〜ニコ」




あなた「ですね!!」




縁下先輩の笑顔癒されるなぁ〜



縁下「そうだ、この前言ってた、ケーキでも食べに行くか?」



ん?この前…?




縁下「ほら、球技大会の日」




球技大会……




あなた「あぁ!!」




縁下「思い出した?笑」




あなた「はい!!行きましょ!行きたいです!美味しいとこ知ってるんですよ〜!ニコ」



縁下「お、楽しみだな笑」




あなた「最近練習ばっかりですもんね!
たまには息抜きしないとですよ〜」



??「何の話してんのっ!」




ダキッ



あなた「うわっ」




誰かに抱きつかれて前に転びそうになる




??「おっと、大丈夫か?あなた」



あなた「大地さん!」



澤村「スガ、危ないだろ」



菅原「悪い悪い!笑」



スガさんだったのか…



あなた「もう、スガさん!!
抱きついてくること多くないですか?笑」



菅原「だってちょうどいいサイズなんだもーん」



もーんって、こんなにもーんが似合う男子高校生います!?いませんよね!?




私の先輩可愛すぎる…




って、…ん?



あなた「ちょうどいいサイズって、小さいってことですか…?」



菅原「ギクッ…

そ、そんなことよりさ何の話してたんだよ!」




い、今絶対、ギクッって顔した!!



あなた「す、スガさんひどいです…」




菅原「ご、ごめんって!小さくて可愛いって意味だぞ?な?」



可愛い…可愛い…



あなた「ま、まぁ許してあげなくもないですよ?」



全員「(単純か…!)」




まあ、お世辞ってことくらい分かってるんだけどね💦




澤村「あー、それで?何の話してたんだ?」



縁下side

あなたとケーキ食べに行く話をしてたら菅原さんと澤村さんが会話に入ってきた



縁下「別に、大した話してないでsーーー」



あなた「あぁ!最近練習ばっかで疲れてるから息抜きでケーキでも食べに行こって話です!」



…だよな、あなたはそーいうやつだよな、




はぁ、2人で行きたかったな、




菅原「まじで!?俺も!俺も行きたい!」



澤村「俺も行こうかな」



あなた「みんなで行きましょう!ニコ」



菅原side

休憩中、縁下とあなたがケーキを食べに行く約束をしてた




聞こえてたけど、わざと知らないフリして会話に入っていった




縁下は2人で行きたいんだろうけど、あなたは俺たちの気持ちに気づいてないからみんなで行こって言うだろ…



あなた「みんなで行きましょ!」



…ほら笑



ことりは鈍感だからな、結構攻めないと気づかないだろ



菅原「頑張らないとな…


~カフェ~

あなたside

休憩の時は何も考えてなかったけど、こんなかっこいい人3人も連れてたら当たり前だけど、すごい…



あなた「見られる…」



縁下「ん?どした?」



あなた「いや、みなさんがかっこよすぎて周りの人に見られるな…っと」



縁下「何言ってんだよ笑
それを言うならあなたが可愛いからだろ」



…え?何言ってるんだろ



あなた「縁下先輩、それ私以外に言ったら勘違いされちゃいますよ?笑」


縁下side

あなたに可愛いって言ったら、



あなた「勘違いされちゃいますよ?笑」



って笑いながら言うから、



縁下「…あなたにしか言わないから安心してよ、」



あなた「…へ?」



え、やばい、俺声に出てた?



あなた、びっくりしてる



でも、ほんとにそう思ってるから…



あなた「そ、それって、どういうーーー」



澤村「お、美味しそうなケーキいっぱいあるぞ!どれにする!?」



菅原side

なんか知らないけど、縁下とあなたがいい雰囲気になってた、




やばい、あなた顔赤くしてるし、どうしよう




なんて考えたら、



澤村「どれにしようか!!」



…今回ばかりは大地に感謝だな。



でも、この焦りよう…



菅原「ライバル多いなぁ…