第79話

インターハイ予選
あなたside

ついに…!



インターハイ予選が明日になりました!



今日のために潔子さんが見つけてくれた烏野の横断幕をキレイにしておいた!



今日の部活の後にみんなに見せる予定だけど、みんな喜んでくれるかな…



~部活終了~

武田「清水さん達からもなにか一言お願いします」




清水「激励とか、そうゆうの得意じゃないので…」



タッタッタッ



よし、横断幕は私が運ぶ…



潔子さんに持たせる訳には、



清水「あなたちゃん、大丈夫?私も手伝うよ」




あなた「いえ!潔子さんに運ばせる訳には!私に任せてください!」



よ、いしょっと…



あなた「潔子さん!準備できましたよ!」




2人「せーのっ!」




バサッ



『飛べ』



清水「掃除してたら見つけたから、あなたちゃんとキレイにした…」




田中「うぉぉぉー!!燃えてきたぁ!」



西谷「さすが潔子さんとあなた!いい仕事するっす!」



田中・西谷「よし!じゃあ気合い入れて…」




澤村「まだだ!たぶん、まだ終わってない」




さすが大地さん!潔子さんのことよく分かってる!!



清水「…が、」




日向・影山「が?」



清水「がんばれっ…」




全員「……。」



ペコリ



タッタッタッ



澤村・菅原・東峰・西谷・田中
「ブワッ涙」



澤村「清水!こんなの初めて!泣」




す、すごい、さすが潔子さん、想像以上だ…




月島「ねぇ」




あなた「なに?蛍くん」




月島「先輩たち、何とかしてよ
収拾つかないんだけど?」




あなた「そりゃーしょうがないよ!
だって、潔子さんだよ!?逆になんで平気なのさ!」




月島「僕は…君に言ってもらった方が、




あなた「え?」




い、今なんて言った!?




潔子さん<私!?




そんな訳ないよね、自意識過剰か!




月島「なんでもない、」




あなた「そっか」




月島「…君は言ってくれないの?」




あなた「ん?なにを?」




月島「……別に」




ん?君は言ってくれないのって…




あ、『がんばれ』??



あなた「フフッ笑」




月島「何笑ってんの…」




蛍くん可愛いなぁ!こんなこと言ったら怒られるから絶対言わないけどね笑




あなた「蛍くん、頑張ってね!ニコ」



月島side

あぁ、やばい



先輩たちは清水先輩の一言に感激してるみたいだけど、



僕からしたらあなたのこの笑顔を見た方がよっぽど頑張れる



清水先輩の一言も普段なら絶対言わない分、もちろん嬉しかったけど、



やっぱり『好きな子』に言われた方が…



日向「あー!月島ばっかずるい!!
あなた!俺にも!俺にも言ってよ!」



…邪魔が入った



せっかく先輩たちは清水先輩の方にいてあなたを独り占めできてたと思ったのに、



あなた「翔陽も!!頑張って!
飛雄も山口くんもーー!!頑張ってね!ニコ」



日向「うん!!!ニコ」



影山「当たり前だ」



山口「ありがとうあなたちゃん!」




あぁ、嫌だ、




分かってる、あなたに悪気なんてものは無い




あなたはみんな平等に好きなんだ




もちろん僕のことも




でも、あなたの好きと僕…"僕たち"の好きは全然違う




……ダメだな、こんなことばかり考えてたら




明日はインターハイ予選なんだし、




月島「切り替えなきゃ



━━━━━━━━━━━━━━
あなたside

~インターハイ予選1日目~

初戦は『常波高校』にストレート勝ちだった!



2回戦は『伊達工』か……



ブロックすごいからなー…緊張する!



なんて心配はいらなかったみたいでこちらもストレート勝ち!




西谷先輩のブロックフォロー…手が間に合わないからってとっさに足が出るのはほんとにかっこよかった…




旭さんと西谷先輩の話も聞いてたから、ほんとに感動して…


西谷「あなたー!!見てたか??」




あなた「西谷先輩!はい!もうかっこよすぎですよ!泣」




西谷「な、何泣いてんだよ!勝ったんだぞ!?」




あなた「いや、もうほんとに、感動して…」




ヨシヨシ


菅原「まだ泣くのは早いぞ〜笑」




あぁ、スガさんのヨシヨシはほんとに落ち着くなぁ




あなた「そ、そうですよね!!」




明日もあるんだ…




相手は、




あなた「げっ…」




『青葉城西』




及川さんと岩泉さんのとこか…




練習試合では一応勝ったけど、今度は最初から及川さんなんだよな…




月島「何不安そうな顔してるの?らしくないんだけど、」




蛍くんって、ほんとに…




あなた「不器用だよね!」




月島「なに?急に、バカにしてる?」




やば、声出てたか…?



あなた「いや別に、ね?」



澤村「そろそろ帰るぞ〜」



ナイスタイミングっ!!



あなた「ほら蛍くん!帰るよ!」


━━━━━━━━━━━━━━

グイッ

あなた「へ?」


バスに向かっていたら急に引っ張られた



??「シーッ」



ん?この声は



あなた「及川さん!!」



やっぱり及川さんだ!



あなた「久しぶりですね!どうしたんですか?」



及川side

試合が終わって帰ろうとした時にあなたちゃんを見つけた



及川「いやー、あなたちゃん見つけたからつい、ね?笑」




あなた「ついって笑
私と話したかったんですか〜?
ってそんな訳ないですnーー」



及川「うん、そうだよ」



あなた「…え?」



びっくりしてる…



やっぱり可愛いなぁ



烏野の人達はずるいよ、ずっと一緒にいられて



早く自分の物にしたい…



ドゴンッ


及川「いったぁ!」



あなた「及川さん!?」



急に後頭部にボールが当たった



こんなことするのは…



及川「岩ちゃん!何するのさ!」



あなた「岩泉さん!!」



岩泉「よ、あなた!元気か?」



あなた「はい!もうすっごい元気ですよ!」



岩泉「そうかそうか笑」


ワシャワシャ


あなた「フフッ笑」



あーもう!岩ちゃんなにあなたちゃんの頭撫でてるのさ!




あなたちゃんもそんな可愛い顔しないの!



及川「ちょっと岩ちゃん!及川さんのあなたちゃんに手出さないでよ!?」



岩泉「あ"?残念ながらあなたはお前のじゃない、俺のだ」



あなた「え、あの?」



及川「違うね!及川さんの!」



岩泉「俺のだ」


グイッ

??「何してるんだ…?ニコ」



ギクッ


い、岩ちゃんと言い合いしてたら1番会ってはいけない人に会ってしまった…



及川「さ、さーむらくん、やっほ〜…」



澤村「勝手にうちの子誘拐するのやめてもらえます?ニコそれと、あなたはうちの子なので」



やっぱりこの笑顔は何回見ても怖いよ!



及川「はーい…」



澤村「あなた帰るぞ」



あなた「あ、はい!
及川さん!岩泉さん!!明日は負けませんよ!?」



及川・岩泉「こっちのセリフだ(よー!)」


澤村side

バスにみんなで向かっていたらあなたがいないことに気づいた



探してたら及川と岩泉と一緒にいた



ほんとに、あなたは目が離せないな…



澤村「あなた、帰るぞ」



あなた「あ、はい!」



ちょっと早歩きで俺の後を着いてくるあなたが可愛くて仕方ない




澤村「…俺から離れんなよ