第26話

烏野高校
烏野が寮生活っていう設定でお願いします🙇‍♀️

━━━━━━━━━━━━━━

~朝~

黒尾「行ってきまーす」



父・母・あなた「「「行ってらっしゃーい」」」



母「それで?いい高校はあった?」




あなた「今から調べてくる!!」



~あなたの部屋~

あなた「(っんー…どこもパッとしないなぁ。

あ、そういえば高校バレーのインターハイどんな感じなんだろ!


…ん?新山、女子?へー、すっごい強い!宮城県なんだ…

って、!もうバレーはやらないの!


宮城県か、どこかいい高校ないかな…)」



カチッポチッ


あなた「(…ん?烏野…?へぇ、普通の寮とそれぞれの運動部用の寮があるんだ…!県立なのにすごい!!偏差値もまぁまぁ、私ならいけそう!!
あと宮城の高校で寮生活できるのは、白鳥沢…?かな?ここはっと、)」




ポチッ



あなた「っはぁ!?」



母「あなた?どーしたの?」




あなた「っ!な、なんでもない!



(びっくりした、偏差値高すぎてついつい声出しちゃったよ、うん、ここは無理だな諦めよ


烏野かぁ…


うん!決めた!!)

お母さーん!!!」




母「なに?」




あなた「高校っ!!決まったよ!
宮城県の烏野高校にする!!
偏差値もね、私ならいけそうかなって!
あとねあとね!それぞれの運動部用の寮があって、県立なのにすごい設備が充実してるんだよ!!」




母「そう。あなたが自分で決めたならお母さんは応援するわよニコ」




あなた「ありがとう!お母さん!ニコ
私頑張るね!」



━━━━━━━━━━━━━━
~音駒高校~

夜久「おーっす!って研磨!?なんでそんな元気ないんだよ!」




研磨「……あなたが、いない…」



夜久「……はぁっ!?

おい!黒尾!あなたは!?」




黒尾「いやぁ、それがね?
課題終わってないらしくて母さんに部活禁止を言い渡されまして…」




夜久「な、なんだと…あなた…」




山本「うぇ!!?あなたいないんですか!?」



海「おぉ、すごい落ち込みよう。」




黒尾「おいおい、みんな元気出せよ、
今まで通りの部活に戻るだけだろ?」



夜久「っ!お前は!毎日家に帰ったらあなたがいるからこの気持ちは分かんねぇんだよ!」



研磨「……そーだそーだ((ボソッ」





コーチ「おらぁ!お前ら!さっさと部活始めるぞ!」




音駒バレー部
「「「「…うぃーす」」」」