第70話

バスケ
~体育館~

私たちは勝ち進んで準決勝まで行った。



そして次の相手が……



月島「へぇ笑ニヤ
君たち意外と勝ってたんだ〜??」



あなた「んな!バカにしてる!?」



そう、蛍くんと山口くんのクラス…



2人とも身長高いからゴール下いかれるとポンポンシュート入っちゃうんだよね…



負けないけどね!?こっちには飛雄もいるし!美里もいるんだから!



月島「王様がバレー以外できると思えないし君もちっちゃいのに頑張ったんだね?笑」



ポンポン



あなた「飛雄はちゃんとバスケできるんだから!美里もいるし!」



美里「え、私!?」




あなた「ちょっと背が高いからってシュート
ポンポン入れちゃってさ!なんであんなに入るの!?」



美里「ちょっと、あなた、褒めてどうすんのよ……」



月島「…///ま、チビはチビなりに頑張ってよね〜」



あなた「チビって言うなーっ!!
てか、早く頭の上から手どけてよ!」



月島「やだね」



ワシャワシャ



あなた「うわぁぁぁ!髪型が…」



っていってもただのポニーテールなんだけどね!笑



バシッ



月島「……なに?痛いんだけど」



影山「あなたが嫌がってるだろ、やめろよ」



あなた「飛雄!そーだそーだ!」



月島「…ま、いい試合できるように頑張ってね〜」



あなた「な、なにあれ!?自分のクラスが勝ちますってか!そーですか!


飛雄!美里!」



飛雄「おう」



美里「なに〜?」



あなた「絶対勝つよ!!!」



影山「当たり前だ」



美里「まぁここまで来たら決勝行きたいよね!」



あなた「ここで勝って蛍くんをギャフンと言わせてやる……」


『試合開始』


ジャンプボールは蛍くんに取られた…



まぁそれは想定内だ、飛雄の落ち込みっぷりは想定外だけど、


影山「ジャンプボール取れなかった…初めて負けた、」


あなた「ちょっと、飛雄!しっかりしてよ!
蛍くんのが身長高いんだからしょうがないでしょ!」


影山「ウッ…そ、そんなはっきり言うなよ!」



あなた「ほら!頑張ろ!
活躍したらポークカレー作ってあげるから!」


影山「え!✨ほんとか!温玉もだぞ!」



あなた「任せて!」



飛雄と美里の活躍もあって私たちのクラスが勝ってる!!



あと3分…このまま行けば勝てそう!



女子「ねぇ、あの子、さっき菅原さんと抱きついてた子よね?


女子「あ、そうだ!試合前も月島くんと仲良くしてたよ、クラスでは月島くんあんなに笑わないのに……


女子「ねぇ、ちょっと……コソコソ


女子「いいね、やろニヤ



月島side


なんか、女子の嫌な会話が聞こえた



あなたをいじめるとかなんとか、
菅原さんや僕と仲良いからって言ってたけど、僕達が好きで仲良くしてるんだからほかっといてほしい……



ていうか、僕に聞こえるように話すなよバカなのかな



まぁ、いざとなったら


月島「守るけどさ…



あなたside


なんか、さっきから蛍くんのチームの女の子からの強めのパスが多い気がする…



てか、まずなんで私にパスしてくるんだろ、
間違えちゃったぁ!とか言ってるけど、前半とか1回もなかったし、パスした後笑ってるのも見た



なんだろ、



あなた「怖いなぁ((ボソッ」



ビュンッ!!!



あなた「え、」



とか考えてたら、今までとは比にならないくらいの速さでボールが私めがけて飛んできた



今まではかろうじて避けるか、いいときは取るとかしてたけど考えごとしてたから無理そう



ギュッ!!!



バンッ



あなた「……??」



つい目をつぶっちゃったけど、私には当たらなかった



え、じゃあ何に当たったの…?



目を開けると、そこには……



影山「…イッテェ」



あなた「飛雄!?ちょっと、大丈夫なの!?」



影山「お前こそ、大丈夫なのかよ」



あなた「あ、うん、おかげさまで…」



女子「なんなのあの子!影山くんとも仲良いとか許せない!!



飛雄に助けてもらってから相手チームからのパス(?)はなくなった



あるほうがおかしいんだけどさ……



気にせずに続けてると、飛雄がスリーポイントを打った



私はゴール下にいて、リバウンドを狙った

そのまま入ってくれたら1番いいんだけどね!



ガコンッ


影山「……っ」



外れた



私の出番だ!小さいけどジャンプ力には自信あるんだから!



ジャンプしてボールに手を伸ばす



あと、少し…



スッ



ボールと私の手の間に誰かの手が入ってきた



相手チームの女の子のだ…



身長高いもんな〜いいな〜とかのんきなことを考えてると



ギュムッ!!



あなた「いっ!!」



着地の時に私の足の上にその子の足が乗った



ま、まぁその子のが後に飛んだし、しょうがないよね……?



そのままドリブルしていくと思ってたら、その子が私の方に倒れ込んできた



あなた「……え?」



足も踏まれてるし避けられない……!



あぁ、このまま転ぶんだな…



ドサッ




不思議と全然痛くなかった



??「ねぇ、重いんだけど、早くどいてくれない?」



あなた「蛍くん!?」


月島side

さっき言ってた女子はあなたに強めのパスをしてる



まぁ、あなたは大体のスポーツできるから自分で取ったり避けたりしてるけど



でも1回だけ、考えごとでもしてたのか反応に遅れていた



当たると思ったら、あなたには当たらなかった



月島「……へぇ」



王様に変わりに当たっていた



そういえば、あなたのクラスには王様がいたっけ…なら特別大きい怪我にはならないか、



って思っていたら、胸の辺りが苦しくなった



月島「なんだよ、これ……((ボソッ」



そんなことを考えてたら、あの事件が起きた



あなたが足を踏まれて倒れそうになってる



王様はスリーポイントを打った直後で遠い



月島「チッ」



僕は気がついたら飛び出していた



なんでかは分からない、自然と体が動いていたんだ



ドサッ



あなた「蛍くん大丈夫!?」



こんな時でも人のこと心配して、足を踏まれて痛いはずなのに



月島「……重いんだけど、早くどいて?」



あなた「あ、ごめ」



月島「君じゃない」



あなた「へ……?」



月島「……ねぇ、聞こえなかった?」