第93話

ブロック
あなたside

~第3体育館~

木兎さんに連れられて行った先には…



黒尾「げってなんだ!!げって!」



赤葦「木兎さん。さすがです。」



あなた「お兄ちゃんいるなんて聞いてない!!」



赤葦くんに関しては何が?



木兎「そーだろぉ!」



だから、何が?



黒尾「てか!木兎てめぇ!早くあなたを下ろせ!」



あなた「そうですよ!いつまで抱っこしてるんです!?」



木兎「あぁ、悪ぃ悪ぃ!笑」



ストッ



はぁ、よし帰るか…



パシッ



赤葦「どこ行くんですか?」



捕まったぁ……



あなた「え、えぇ?どこにも行かないよ〜」




赤葦「そうですか。逃がしませんよ?」




こわい、怖いよ赤葦くん




黒尾「あぁ、おい!そこの、烏野の!……メガネの!ちょっとブロック跳んでくんない?」



??「あぁ、僕もうあがるので、失礼しまーす」



黒尾・木兎「なに!?」



木兎「ブロックなしでスパイク練習しても意味ないんだよぉ、頼むよー」




ん?烏野のメガネって




あなた「あ、蛍くん!!」



やっぱり蛍くんだ!!



月島「…なんで君がここにいるの?」



ん?、怒ってる?



あなた「木兎さんに無理やり…」



月島「そう、僕には関係ないけど」



あなた「あぁ、!待ってよ!一緒に練習しよ!?」



1人にしないで…!



あなた「(ウルウル)」



月島「…っ、分かりましたよ」



やった!




スタスタスタ



黒尾「お前も罪な女だなぁ〜」



あなた「何言ってるの?意味分かんない…」



黒尾「(おぉ、頑張れよメガネくん。
まぁ応援はしないけどな!)」



ーーーーーーーーーー
木兎「もう一本!!!」


バァン!!


木兎「もう一本!!!」


バァン!!


月島「(…ストレート!)」


木兎「(賢くかつ冷静!でも……!)」



バァン!!



木兎「っしゃぁー!!」



赤葦「1枚ブロックに勝っただけですよ」



木兎「うっせぇなー!」




……ねぇ、この練習私いる?いらないよね?




黒尾「じゃあ2枚でどーだ?ニヤニヤ」



木兎「上等だ!」



…お兄ちゃんのブロックか、久しぶりだな



木兎「行くぜぇ!」



黒尾「メガネくんはストレートをきっちりしめとけよ…」



シュシュ



パァン!!



、おぉ、止めた



やっぱりバレーやってる時はかっこいいなぁ




黒尾「うぇーい!」



木兎「くっそぉー!」



あ、うん今ので台無し



木兎「あぁー、メガネくんさ!読みはいいんだけど、こう、弱々しいんだよなブロックが!


腕とかポッキリ折れそうで心配になる、こう、ガッと止めないとな!ガっと!!」




月島「僕まだ若くて発展途上なんですよ筋力も身長もまだまだこれからなので!」



蛍くんが張り合ってる!



珍しいなぁ…



黒尾「悠長なこと言ってると、あのチビちゃんにいいとこ全部持ってかれんじゃねぇの?同じポジションだろ〜」



あ、バカだ、やっぱりお兄ちゃんはバカだ




月島「それは仕方ないんじゃないですかねぇ笑
日向と僕じゃ、元の才能が違いますからねぇ」




黒尾「……。」




犬岡「あ、またスパイク練習ですか!?
俺ブロックやります?やります?」




夜久「おいリエーフ、転がってんじゃねぇレシーブ!」



リエーフ「げ、夜久さん!!」



夜久「げってなんだ!」



あなた「あ、衛輔くん!」



夜久「あなた!?なんでここに!」



あなた「木兎さんに連れてこられて…笑」



月島「じゃあ僕お役御免っぽいので失礼します」



あなた「あ、蛍くん待って…!」



スタスタスタ



行っちゃった…



あなた「もう!お兄ちゃんのばか!」



黒尾「ば、ばばか!?、」



あなた「なんであんなこと言うの!?」



木兎「怒らしたぁ〜
大失敗じゃん、挑発上手の黒尾くん!」



黒尾「いや、だって思わないだろ…」



木兎「なにを」



黒尾「身長も頭脳も持ち合わしたメガネくんがチビちゃんを対等どころか叶わない存在として見てるなんてさ、」



…蛍くんは、練習も試合もサボってる訳じゃない。




一生懸命やってる




でも、それ以上はやらない…




練習したら、きっとすごくいいミドルブロッカーになれるのに




でもなぁ、私にできることっていってもなんも思いつかないし…



月島side


たかが部活だろ…




なんでそんな風にやるんだよ、




そんな風にやるから…




後で苦しくなるんだろ、




……あなただって、




どうせ僕が頑張ったところで僕のものになってくれるわけじゃない…