第16話

合宿④
??「あのーすみません!」



あなた「??はい!」



??「俺たち梟谷の、、」



あなた「あ!リベロさんとウィングスパイカーの方ですよね!どーしました??」



??「(やば、近くで見るとめちゃくちゃ可愛い)

あ、えっと俺木葉秋紀って言うんだけど、」



??「俺は小見春樹だ!!」




あなた「木葉さん!!試合中見てましたけどウィングスパイカーなのにトスもすごい上手でかっこよかったです!!小見さんも、とら先輩のスパイク結構強いと思うのにキレイに赤葦さんのとこに返してて尊敬します!!(キラキラ!!」





木葉・小見「(え、やばい目がキラキラしてる、めちゃ可愛い、やばい、)」




あなた「それでどーかしたんですか??」





木兎「ぐぬぬ…ねぇなんで!なんで木葉と小見があなたに褒められてるの!ねぇ!あかあし!ねえってば!」




赤葦「知りませんよそんなの。
(ちょっと木葉さんと小見さん何やってるんですか、余計しょぼくれちゃったじゃないですか…!てか、俺もあなたさんに褒められたい。)」



木葉「っあ!そうそう!最後の試合でうちのエースがアウト出しただろ?それでちょっとしょぼくれちゃって、あなたちゃんに褒められたら復活すると思うんだよ…」



小見「だからさ!ちょっとでいいからあいつのこと褒めてやってくんない??」




あなた「そんなことでしたら!!木兎さんすごいスパイカーですもんね!褒めるとこたくさんですy黒尾「ダメだ!なんで敵チームのエースをわざわざうちのマネージャーが復活させなきゃいけないんだよ!」




あなた「お兄ちゃん??そんなこと言ったらダメだよ!別に今日の試合は終わりなんだからいいじゃん!」





黒尾「…少しだけだぞ、」





木葉・小見「ありがと!じゃあちょっと頼むよ!」



あなた「はい!」



トコトコトコ




あなた「木兎さん!!」




木兎「…あなた、なに?」




あなた「木兎さんすっごいかっこよかったです!!スパイクの力はもちろん、サイドラインギリギリのストレートとか!超インナースパイクとか!!」




木兎「ピクッピクッそ、そうか??」




赤葦・木葉・小見「「「あと一押し…!!」」」




あなた「はいっ!!梟谷は全体的に守備も攻撃も穴がなくてしっかりしてますけど、木兎さんの攻撃が加わると最高ですね!!!」




木兎「…そうだろぉそーだろー!!!
へいへいへーい!やっぱ俺さいきょー!!」




あなた「へいへいへーい!!ニコ」




木兎・木葉・赤葦・小見
「「「「(え、かわいい)」」」」



あなた「あ、赤葦さんも!!
木兎さんがあんなにいいスパイク打てるのはセッターである赤葦さんが木兎さんのためのキレイなトスを上げてるからですよね!!小見さんがキレイに赤葦さんのもとにレシーブしてるとはいえ、あんなに正確なトスあげるなんてすごいです!!」




赤葦「…え、あ、ありがとうニコ」




木兎・木葉・小見「「「(赤葦が笑った!)」」」



あなた「でも、音駒も負けませんからね?笑
明日は音駒のほうがいっぱい勝ちますから!!」



木兎「望むところだ!へいへいへーい!!」